いざ離婚を決めた時に悩んでしまうのが、子供にどう伝えるかという事ですよね。

話題が話題だけに、なんとも伝えにくい…。

離婚の事実を、いつ・どうやって子供に伝えるのがベストなのでしょうか。

また、離婚に際して親が子供にしてあげられることって何があるんでしょう。

出来るだけスムーズに受け入れてもらえるようなコツをまとめたので、参考にしてくださいね。

離婚を子供に伝えるタイミングはいつがいいの?


子供に対する罪悪感もあり、離婚をなかなか言い出せない夫婦も多いと思います。

ですがいずれは絶対に分かる事。子供の心の準備を考えれば、伝えるのは早ければ早いほどいいと言えます。

「離婚を本格的に考え始めたら」少しずつサインを出していき、「離婚が確定した段階」で改まって子供に伝えるのがベストです。

もちろん子供の年齢や性格によっても変わりますが、基本的には上のタイミングが一番衝撃が少なく済むはず。

離婚を考えている時点で匂わせるメリットは、何と言っても子供の心を慣らす期間が増える事です。

小学生の時に両親の離婚を経験したある方は、それまで親が仮面夫婦を演じていたので仲良しだと思っていた所、ある日突然離婚を告げられたので相当なショックを受けたそうです。

「親が離婚する」という事実は、どんなに完璧なタイミングで言おうが子供にとってはショックなもの。

それならある日突然すべてを知らせるよりも、離婚の前から少しずつ小出しにするのが受け入れやすいのではないでしょうか。

子供への離婚の伝え方で気を付ける事は?


まず第一に、「嘘をつかない事」です。

離婚を言い出しにくいからって、間違っても「単身赴任」や「死別」などもっともらしい理由を付けて事実を隠したりはしないでください。

いつどこでだれから事実が伝わるか分かりません。

思春期に親から嘘をつかれると、その不信感は一生残りかねませんよ。

子供は子供なりに離婚を理解して消化する事ができます。

1人の人間として、きちんと説明してあげてくださいね。

但し、嘘をつかないというのは、「すべてを伝える」という事とはまた違います。

夫の浮気など明らかに一方が悪い離婚など、詳細を伝えるのを避けた方がいいケースもあるんです。

中学生の頃に父親の不倫で両親が離婚した方は、男性に対して嫌悪感を持ち、それを克服して自分が結婚出来るようになるまでにかなりの時間がかかったそうです。

このように、血のつながった親の人格を疑いかねない悪い部分を知るのは、子供にはインパクトが強すぎて過剰反応してしまう事も多いです。

「夫婦の離婚は夫婦の問題だから、理由は秘密」で通すのもやさしさです。

臨機応変に対応してくださいね。

離婚の際、親が子供にできることって何がある?


子供に離婚を伝える時に必ず伝えて欲しい事が2つあります。

それは、「この離婚は決してあなたのせいではないよ」という事と、「離婚しても両親はずっとあなたの両親だよ」という事。

言葉だけではなく、実際に子供がもう片方の親に会いたいだけ会えるように配慮してあげてください。

「私達夫婦は離婚してしまうけれど、あなたが家族を失くすわけではない」という事を子供がしっかり理解出来れば、子供が離婚から受けるダメージは最小限に抑えられます。

両親が離婚して片方の親と暮らす子供が、親が悲しむからと遠慮してもう片方の親に会いたくないと言ったりする事もよくあります。

そんないじらしい遠慮を子供にさせないであげてくださいね。

あとは、両親が子供にしっかりと愛情を注いでいく事。

親の離婚は、多かれ少なかれ子供に「見捨てられる」という不安をもたらす事が知られています。

そんな事を感じさせる暇がないくらいしっかり愛情を注いでいくのが、親が子供に出来る最大のサポートなんです。

まとめ

  • 伝えるタイミングは、基本的に早ければ早いほど良い。
  • 子供に嘘はつかない。
  • 離婚相手の悪い部分は子供に言わない(嘘をつく必要はなし)。
  • 離婚しても子供にとっては親。両親が愛情をしっかり注ぐこと。

離婚の伝え方・伝えるタイミング次第で、子供へのストレスは大きく変わります。

出来る限りインパクトの少ない方法で離婚を伝え、子供が少しずつ両親の離婚を受け止められるように配慮しましょう。

子供はいつまでも子供…と思いがちですが、親が思うよりもずっと大人です。

誠意をもって伝えれば、しっかり理解してくれるはず。

両親にとっても大変な時期ですが、子供の心のサポートもしっかりして、沢山の愛情を注いであげて下さいね。