離婚の際に避けて通れないのが財産分与の問題です。

預貯金、有価証券、家や車など、財産にはさまざまな種類がありますが、ここでは離婚時の財産の分割方法について説明していきます。

独身時代の財産は離婚のときに財産分与の対象になるの?


独離婚時には共有財産のみが財産分与の対象となります。

ここでいう共有財産とは、夫婦が結婚後に二人で協力して築き上げた預貯金、有価証券、車、家、家財などの財産のことを言います。

このような財産の名義が夫婦どちらの名義であっても、共有財産としてみなされます。

厳密にいえば、夫に内緒のへそくりや、妻に秘密にしている社内預金なども共有財産とみなされるということです。

結婚前に個人で入手した財産や、別居後に自分で築いた財産は、特有財産と呼ばれ、財産分与の対象とはみなされません。

離婚を考えていない場合でも、万が一の事態に備えて、結婚前に入手した現金は結婚後に発生した財産とは別の口座に入れるなどの方法で管理しておくことで、共有財産と区別しておくことをおすすめします。

ここで注意が必要なのが、結婚後に相続や贈与によって入手した財産です。

相続や贈与によって入手した財産は、結婚後に入手したものであっても夫婦の協力のもとに発生した共有財産とはみなされないので、財産分与の対象にはなりません。

離婚のときに貯金はどのように財産分与されるの?


結婚前に発生していた貯金は特有財産にならず、特有財産とみなされ、財産分与の対象にはなりません。

なので、結婚前の貯金などは結婚後に発生する財産とは別に管理しておく必要があるのは前述したとおりです。

しかし、結婚後に夫婦の協力のもとに築き上げた貯金は、共有財産となり、財産分与の対象となります。

もちろん、専業主婦で収入がない場合にも、貯金は夫婦の協力のもとに発生した共有財産とみなされるため、財産分与は行われます。

専業主婦は賃金が発生する仕事をしないため、直接収入を得ることはありませんが、家事や育児、地域社会との付き合いや夫婦両家の親戚づきあい、親の介護など、夫が収入を得るためにそれらの雑事を引き受ける立場にあります。

専業主婦のサポートがあって初めて夫の現在の収入が得られるという考えから、専業主婦にも家庭運営への貢献の度合いによって3割から5割の財産分与がなされます。

離婚時に車はどのような形で財産分与されるのか?


離婚するときに財産分与されるのは、現金のような分けやすい物だけではなく、家や車などの大きな金額の物も結婚後に取得した共有財産であれば財産分与の対象となります。

ここでは車を例にとってみましょう。

現在所持している車が、結婚前に自分で購入したもの、あるいは結婚前の資産で購入したものである場合には、特有財産とみなされ、財産分与の対象とはならないため、手元に残すことができます。

結婚後に入手した車にまだローンが残っている場合は、素人判断で財産分与してしまうと大きな負の財産になってしまうことがあるため、注意が必要です。

一番簡単なのは、車を売却し、そのお金でローンを清算した残りを財産分与に充てる方法です。

車を譲り受けたい場合は、車の売却利益からローン残高を差し引いた金額の財産分与割合を夫に支払うことで、車を分与してもらうことができます。

しかし、売却利益よりローン残高が高い場合どうしたらよいのでしょう?

このような場合には車に資産としての価値がないとみなされるため、財産分与の内訳に入れないことが多いようです。

どうしてもそのような車を持ち続けたい場合には、ローンごとその車を譲り受ける形になります。

まとめ

  • 結婚前に築いた資産は財産分与の対象にならない
  • 専業主婦の財産分与の割合は3割から5割
  • ローンの残っている財産を分与する時にはローン残高に注意

結婚前、あるいは離婚を前提とした別居後に取得した財産は特有財産と呼ばれ、財産分与の対象にはなりません。

結婚後に夫婦で築いた財産分与の対象となる共有財産と、特有財産をきちんと把握し、共有財産の現金や動産・不動産の資産価値をきちんと把握することで、財産分与をより有利に進めることができます。