離婚した時に子供が通う学校への報告は必要でしょうか?

やはり苗字が変わるので、報告したほうがいいと思われる方もいらっしゃると思います。

ここでは子供の通う学校に離婚を報告する必要があるかどうかについて解説していきます。

離婚した時に子供が通う学校に報告する必要があるのか?


離婚はなるべく周りには隠しておきたいことだとは思いますが、子供も小学生になると離婚ということを理解できるようになっているでしょう。

親が公表する前に、子供の口から離婚の話が広まるのはあまり好ましいことではありません。

苗字も母方の旧姓に変更になりますし、学校側の家庭調査票の問題もあります。

特に急に苗字が変更になることについては、クラスメイトに不審に思われる可能性があるため、担任の先生を含めた学校側のサポートを受けられたほうが、子供も安定した学校生活を送ることができるでしょう。

また、学校行事などに急に父親が参加しなくなるなどのことで、周囲の噂になってしまうことも考えられます。

そのような事態が起こることを避けるためにも、やはり担任の先生には報告しておく ことをおすすめします。

現在では子供を連れての離婚はそう珍しいことではありません。

公にすることをためらう気持ちになるのもわかりますが、きちんとした形で公表すれば、周囲の理解とサポートを得ることができるでしょう。

離婚した時に小学校ではどのような手続きが必要か


離婚したからと言って、特別な手続きを学校にする必要はありません。

しかし、離婚する場合の多くは転居を伴うため、それにより子供の転校が必要になることもあります。

そのような時には元の学校と、転校先の学校での手続きが必要となります。

子供の親権者が母親になった場合、離婚と同時に母親の戸籍に入れる手続きが必要ですが、子供の苗字を変更する手続きは正当な理由があればいつでも行うことが可能です。

子供が転校の転校や卒業などのタイミングで苗字の変更を行い、周囲の混乱を少なくする方法を取ることも可能です。

また、ひとり親家庭では所得によりますが、児童扶養手当など公的な支援を受けることができるので、そのような手続きも忘れずに行うようにしましょう。

離婚によって大きなストレスを抱えるのは子供も同じです。

そのストレスをなるべく軽くするためにも、各種手続きのタイミングを良く見極めて、子供の学校生活に関する混乱を最小限にとどめるよう気を付けましょう。

離婚時に小学生の子供の苗字は変わる?


離婚をすると母親は旧姓に戻すのが一般的です。

子供も母親の旧姓に苗字を変えることが多いようですが、実は子供の苗字を変えるのは離婚時ではなくとも可能です。

離婚の際に必ず行わなければならないことは、役所に戸籍の異動届を出すことのみです。

この手続きは今まで妻と子は夫の戸籍に入っていましたが、離婚して妻が新しい戸籍を作り、そこに子供の籍を移すことを言います。

この状態では、同じ戸籍に違う苗字を持った母子が入ることになります。

子供の苗字を母親の旧姓に変更するには、裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出する必要がありますが、前述したようにこの手続きは離婚と同時に行う必要はありません。

子供の転校や卒業に合わせて苗字を変更することも可能ですし、学校の許可があれば苗字を変更した後でも通名として元の苗字を名乗ることができる場合もあります。

どのような方法をとるにせよ、学校側とうまく連携を取って子供が生活しやすい環境を整えるようにしましょう。。

まとめ

  • 学校側からのサポートを受けるために離婚は担任に報告を
  • 子供の苗字は離婚と同時でなくても変更できる
  • 子供の生活を最優先にするために融通をきかせてもらえる可能性もある

このように、子供が小学生の場合には、子供自身にも離婚の意味が分かる場合もあり、周囲の反応も敏感に感じ取ることがあるかもしれません。

両親の離婚とともに自分の苗字の変更という出来事に対しても、かなりのストレスを受けることも考えられます。

学校側にきちんと離婚報告をし、家庭と学校両方からサポートを行いながら、各種手続きや苗字の変更を行うようにしましょう。