今や生活に欠かせないクレジットカード。

離婚する時にはこのクレジットカードはどのように手続きをすればよいのでしょうか?

また、専業主婦でも夫の収入があるためにクレジットカードを持つことができていた人もいると思います。

ここでは、離婚とクレジットカードの取り扱いについて説明していきます。

離婚時クレジットカードの手続きとは?


離婚するときにクレジットカードの手続きが必要になるのは、結婚時に妻が自分名義でクレジットカードを持っていた場合になります。

当然苗字が変わるので、名義の変更や、収入、職業の再申請の手続きを行う必要があります。

離婚によって収入に変化が出てくるため、カード会社から利用限度額の減額などの措置が取られる可能性もあります。

収入が無い、あるいは収入が極端に少ない場合には、クレジットカードの利用ができなくなることも想定しておく必要があります。

そのような、事態にならないように、離婚前に仕事を探し、安定した収入が得られるようにしておきましょう。

また、妻のクレジットカードから、結婚時の光熱費など家計費などを支払っていた場合には、これらの支払を他の方法で行うように変更する手続きも必要です。

この手続きはクレジットカード会社ではなく、カード払いを依頼している会社に個別に行う必要があります。

このほかにも、クレジットカードを解約する場合も、カード会社に対して手続きが必要になってきます。

離婚のときにクレジットカードの名義変更は必要?


離婚した時にはほとんどの女性が苗字を旧姓に戻すことが多いようです。

そのような場合には必ずクレジットカードの名義の変更が必要になってきます。

また、家族カードを使っていた場合なども、名義の変更とともに離婚の事実をカード会社に報告しなければいけません。

離婚によって家族カードが使えなくなり、新しく自分名義のクレジットカードが必要になる場合には、カード会社の再審査が必要になります。

自分名義のクレジットカードであれば、離婚によって収入が大きく減少しても、ほとんどの場合は名義変更の手続きだけで済みます。

しかし、これはあくまで支払いが滞らない場合に限るので、クレジットカードの利用は計画的に行うようにしましょう。

クレジットカードの手続きについてはカード会社によって、異なってくるので、まずは自分の苗字が変わったことと、離婚したことをカード会社に報告することから始めると良いでしょう。

さまざまな事情により、クレジットカードが利用できなくなる可能性もあるので、その点も頭に入れておくようにしましょう。

離婚後にクレジットカードを解約するには


離婚する場合に妻が家族カードを利用しているときには原則としてクレジットカードの解約が必要です。

しかし、夫婦ともに離婚後も円満な関係を望み、クレジットカードの支払いが保証されているときには、解約する必要がないがないケースもあります。

これは、あくまでカード会社が黙認する形なので、イレギュラーな方法だと考えてください。

あくまで離婚するときには家族カードの解約が必要だと考えておきましょう。

また、それ以外の場合にも、離婚により不要になるクレジットカードが出てくる場合もあります。

このような場合には、速やかにクレジットカードの解約手続きを行いましょう。

解約の方法はカード会社により異なるので、カスタマーセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

解約時にはリボ払いや分割払いの残高をしっかりと把握し、公共料金などの支払いをクレジットカードで行っている場合には支払方法の変更手続きを行うなど、カードを解約しても後で困ることが無いように準備をしておきましょう。

また、カードのポイントが残っている場合には、使い切ってから解約したほうがお得になることもあるので、解約前にポイント残高も確認しておきましょう

まとめ

  • 離婚時には家族カードの解約が必要
  • 自分名義のクレジットカードは離婚後も利用可能
  • クレジットカード解約の際は、引き落としや支払い残高に注意

このように、離婚する場合にはクレジットカードについてもさまざまな手続きが必要です。

離婚してからもクレジットカードが必要になることもあるので、なるべく持ち続けたいと思っている人は婚姻期間中に自分名義のカードを一枚作っておくと良いでしょう。

また、クレジットカードの名義変更を行う場合には、同時に引き落としを行う金融機関の名義も変更しておきましょう。

クレジットカードで支払いが遅れたりすると最悪の場合ブラックリストに載ってしまうことも考えられます。

クレジットカードは信用によって成り立つものなので、必要な各種手続きに関する情報をきちんと把握しておくようにしましょう。