離婚する時には、共有財産を夫婦で分割する財産分与を行うことになります。

離婚について一番もめるのは親権をどちらが取るかということが多いようですが、親権と同様に財産分与についてもスムーズに決まることは少ないようです。

ここでは財産分与と、財産分与の対象となる財産、特に貯金とへそくりについて説明していきます。

離婚時に今まで貯蓄した貯金はどうなる?


婚姻期間中に発生した貯金は財産分与の対象となりなす。

これは妻が専業主婦であっても、変わることはありません

専業主婦は仕事につき、直接収入を得ることはありませんが、家事や子育て、地域社会とのお付き合いや夫の家族の世話など、夫が仕事について収入を得るためにサポートしていると考えられ、そのサポートがあるために夫が仕事に専念できると考えられるからです。

一般的に専業主婦の財産分与の割合は、3割から5割程度になります。

しかし、妻が専業主婦である場合には、財産の半分を財産分与として受け取るケースはかなり特殊な場合に限られます

一般的な家事や子育てのみを行っていた場合には、共有財産の半分を受け取ることはかなり困難です。

妻が夫の親や親族の介護をしていたり、家業を手伝っていたりなど、家事や育児以外にも家庭や夫の実家に対してかなり大きな貢献をしていない限りは、共有財産の半分を受け取ることは難しいと考えておいたほうが良いでしょう。

離婚時に結婚前の貯金は財産分与の対象になる?


離婚時に財産分与の対象となる共有財産とは、婚姻後に発生した預金のみとなります。

この共有財産は名義が夫婦どちらか片方の物でる場合にも、名義者ではない配偶者に分与の権利があります。

しかし、結婚前に貯めた預金は「特有財産」と呼ばれ、財産分与の対象にはなりません。

共有財産とは、あくまで夫婦の協力のもとに発生した預金のことを言うので、財産分与の対象になりますが、特有財産は妻個人の力で得た財産なので、共有財産とは区別して扱われます。

結婚生活の中で、結婚前と同じ通帳を使っている人もいると思いますが、その場合結婚する時点と現在では預金残高が異なっているというケースもあると思います。

そのような場合には、結婚時の預金残高がいくらあったかを正確に証明する必要があるので、財産分与の際に面倒ごとが増えてしまいます。

そのような問題を起さないためにも、結婚前の預金と結婚後の預金は別々に管理することをおすすめします。

離婚のとき、へそくりはどのように扱われる?


へそくりとは、本来生活費に充てられるべきお金を夫に秘密で貯金したものをいうので、財産分与の対象になります。

もし、財産分与の話し合いの際にへそくりの存在を隠し通すことができても、後でへそくりの存在が発覚したばあいには、そのへそくりも財産分与しなければなりません。

財産分与の際にへそくりを隠す行為は法律的には「財産権の侵害」となり、財産分与を請求できる離婚から2年という期間を過ぎていても分与を請求される恐れもあるので、注意しましょう。

もし、まとまった金額のへそくりを持っているのなら、財産分与の際にはきちんと提示しておかないと後々めんどうな事態になりかねません。

財産分与の際には、自分が所持している預金をきちんと相手に伝えましょう。

名義が夫婦どちらであるにも関わらず、結婚後に発生した預金は、夫婦の共有財産であることを忘れないようにしましょう。

まとめ

  • 結婚後に発生した預金は共有財産なので財産分与の対象
  • 結婚前の預金は特有財産なので財産分与の対象にはならない
  • へそくりも共有財産
  • 名義にかかわらず結婚後の預金は共有財産

ここでは預金の財産分与について説明してきました。

結婚後に発生した預金は共有財産で、名義にかかわらず財産分与の対象になりますが、結婚前の預金は特有財産として扱われ、財産分与の対象にはなりません。

へそくりは妻の努力で貯めたものですが、これもやはり共有財産として扱われます。

離婚の際には自分が持っている預金額を、相手にきちんと提示することが後々のトラブルを避けるために大切です。