離婚のときに、結婚後に購入した家族で使用していた車は財産分与の対象になります。

しかし、車は現金のように簡単に分けることができない財産です。

さらに車のローンが残っている場合には話し合いの難航が予想されます。

また、車を財産分与として受け取った場合の名義変更についても説明いていきます。

離婚時に車は財産分与の対象になるのか?


車は購入時期や使用目的によっては共有財産とみなされ、財産分与の対象となります。

車の購入時期が結婚期間中で、なおかつ家族で使用していた車は共有財産となり、財産分与の対象となりますが、購入時期が結婚前であった場合には、家族で使用していても共有財産とはならず、財産分与の対象とはなりません。

また、名義が夫婦どちらか片方の物である場合でも、結婚期間中に購入したものであれば、名義人でない配偶者にも財産分与の権利があるので、きちんと分与を受けるようにしましょう。

車は現金と異なり、財産分与の割合に応じてそのまま分けることはできません。

また、夫婦どちらも車に強い愛着がある場合には、財産分与の話し合いについても難航することが予想されます。

一般的には車を売却し、その売却額を財産分与の割合に応じて分けることが多いようですが、それ以外にも車にローンが残っている場合などには、財産分与の方法も変わってくるので、きちんとした知識を持って車の財産分与に臨むようにしましょう。

離婚時にローンが残っている車の財産分与の方法


離婚時に車のローンが残っている場合にも、財産分与の対象になるケースがあります。

それは車の売却査定額がカーローンの残高を上回っている場合です。

そのような場合には、車を売却してカーローンを清算した残りの現金を財産分与する場合と、車の売却益とカーローン残高の差額を財産分与の割合に従って相手に支払い、そのまま車に乗り続ける場合の2つの方法があります。

車が不要な時には前者、そのまま車を使い続けたいときは後者の方法をとると良いでしょう。

しかし、カーローンが車の売却益より多い場合には、車は資産価値なしとみなされ、財産分与の対象にはなりません。

夫婦で所有している車に資産価値があるかどうかをきちんと調べてから、財産分与の話し合いを行うようにしましょう。

不利な条件で財産分与を行わないためには、車を含めた夫婦の共有財産の価値の把握が大切です。

離婚後に車の名義変更は必要か?


財産分与として車を受け取った場合には名義変更が必要です。

名義変更の手続きは、一般的なものと変わりませんが、離婚成立前に妻側に名義変更を行ってしまうと、離婚後に妻の苗字を変更するにあたって、もう一度車の所有者の名前の変更の手続きを行わなくてはなりません。

また、離婚後に引っ越しをする場合などにも、車庫証明や、自賠責・任意保険の加入手続きなど、車を財産分与する場合にはさまざまな手続きが必要となります。

苗字が変わる前にこれらの手続きを行ってしまうと、苗字の変更後にこれらの手続きに関してもう一度名前の変更手続きを行う必要性が出てきてしまします。

このような二度手間をかけないためにも、車の名義変更や、それに伴うもろもろの手続きは離婚成立後、離婚後に使用する苗字が決まってから行うことをおすすめします。

離婚に伴う手続きは車に関することだけではありません。

離婚後の手続きにかかる手間をなるべく減らすためにも車の名義変更などの手続きを行うタイミングをしっかりと考えて行動しましょう。

まとめ

ここでは車の財産分与について説明してきました。

一口に財産分与と言っても、ローンの有無によって財産分与の対象とならない場合もあり、また、名義変更の手続きにもかなりの手間がかかります。

車の財産分与で損をせず、なおかつ手続きにあまり手間を取られることが無いように、きちんと計画的に財産分与を進めるようにしましょう。
  • 夫名義の車であっても妻に財産分与の手続きはある
  • カーローンが残っていても財産分与の対象となる
  • オーバーローンの状態では財産分与の対象にはならない
  • 名義変更の手続きは離婚成立後に行う

車の財産分与の方法についても、いろいろな方法がある事がお分かりいただけたと思います。

不利な財産分与を行わないためにも、車のローン残高と車の査定金額をきちんと把握し、資産価値があるかどうかを確認しておきましょう。

また、財産分与で車を譲り受ける場合には、各種手続きは離婚成立後に行うと、最低限の手間で済むことも覚えておくと良いでしょう。

▼車の売却相場がわかるサイト(無料)▼