子供を持つ夫婦が離婚協議をする上では、子供の将来を考えることは大きなテーマです。

ほとんどの夫婦が親権と金銭問題で言い争いになるものです。

しかし、お金の問題や親権問題が片付いても、離婚に際する準備は終わりではありません。

離婚成立後には、各種手続きに追われることになるからです。

手続きが全て完了しなければ、新たな生活を無事スタートすることはできないのです。

今回はその中の一つである、「子供の苗字の変更」について説明していきます。

また、苗字を変更すれば学校への報告が必要になることがありますので、その点も合わせて解説します。

『離婚準備』子供の苗字変更の手続きについて


夫婦の離婚が確定したら、まずは役所に「離婚届」を提出します。

離婚届が受理されれば、離婚は無事に成立したということになります。

但し子供の戸籍や苗字変更は、別途手続きが必要です。

では、子供の戸籍を動かす、苗字を変更するというのは、どういう手続きをすれば良いのでしょうか。

ここでは、離婚届からの一連の流れを整理しておきます。

■離婚成立から子供の戸籍を移すまで
  • 離婚届を提出し、受理される。
  • 妻の戸籍を新たに作成する。または妻の戸籍を婚姻前の戸籍に戻す。
  • 子供の苗字を妻の旧姓に変更する申請を出す。
  • 子供を妻の戸籍に入籍させる。

離婚後、子供の苗字は役所で変更するのか?


一般的に、離婚に関する手続きは全て役所でするものと思われがちです。

しかし、子供の苗字の変更手続きは役所ではできないので注意が必要です。

子供の苗字の変更は役所ではなく、家庭裁判所の管轄になります。

なお、子供の苗字の変更は、正式には「子の氏の変更許可申請」と言います。

家庭裁判所に子の氏の変更許可申請を出し受理されれば、次に母親の戸籍に子供を入籍させるという流れになります。

なお、離婚後も母子が夫の姓をそのまま名乗ることも選択できます。

その場合は苗字の変更手続きは省かれますので、役所で戸籍の手続きだけすれば問題ありません。

また、離婚前から母子ともに妻の旧姓を名乗っていた家庭についても、苗字変更は必要がないということになります。

離婚後に子供の苗字が変わったら学校にも報告する


子供の苗字が変更した場合は、当然ながら子供が通う学校にも報告する必要があります。

但し、学校に報告しなくても良いケースもあります。

まずは、学校に「報告しなくても良い」ケースをご紹介します。

■学校に報告しなくても良いケース
  • 元々、母親の旧姓を名乗っていた場合は苗字が変わらないから報告する必要がない。
  • 転校する場合、転校先で出会う人たちは旧姓時代を知らないので報告しなくて良い。
  • 離婚後も同じ学校に通う予定だが、そのまま父親の姓のままでいる場合。

これまで母子共に、母親の姓(苗字)を名乗ってきたのであれば問題はありません。

また、離婚後も父親の姓のままにしておく母子も、苗字は変わりませんので報告する必要がないということです。

離婚後に、父親の姓をそのまま名乗る人は少数ですが、学校に通う子供を持つ親に見られます。

離婚前と離婚後に同じ学校に通わせる場合は、急に苗字が変わったことでからかわれることがあるからです。

しかし、ほとんどの場合は、母子ともに母親の旧姓に変更するようです。

■学校に子供の苗字変更を報告しなければならないのは2つの条件に当てはまるケース
  • 母親の旧姓に合わせて子供の苗字が変わった。
  • 離婚前と離婚後、同じ学校に通い続ける。

まとめ

  • 子供の苗字の変更は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申請」を提出する。
  • ほとんど母子は離婚後に苗字を変更している。
  • 離婚後も同じ学校に通う予定で、なおかつ苗字が変わったときには学校に報告する必要がある。

親権を取り離婚が成立すれば、離婚問題の多くは決着がついたと言えます。

しかし、子供にとっては離婚後が本当の意味での戦いになります。

苗字が変わったり、引っ越したり、転校したりと、子供を取り巻く環境が激変するからです。

特に、離婚前と同じ学校に通う場合は、注意深く見守りフォローしていくことが必要です。

苗字が変わったり引っ越したことで、友達から親の離婚を指摘されることもあります。

離婚の際、苗字を変更した夫婦、変更しなかった夫婦、双方の経験談を聞いておくと参考になるでしょう。

インターネット検索機能を使って、様々なケースの事例を読むというのも良い方法です。