離婚後に、子連れで再婚するいわゆる「ステップファミリー」近年の離婚率の増加に伴って増えてきました。

結婚まではしなくても、お付き合いをする人ができたり、同棲に至ることも考えられます。

ここではそのような場合の母子手当の支給について説明していきます。

彼氏ができたら母子手当の支給はどうなる?


離婚後は独身に戻るので、子供がいても異性とのお付き合いは自由です。

しかし、母子手当を支給されている場合には、彼氏ができただけでも支給が停止されてしまうケースがあるので、注意が必要です。

このよう彼氏ができただけで母子手当の支給が停止されてしまう場合には、彼氏から金銭的な援助を受けているかどうかは関係ありません。

特に現金で援助を受けていなくても、食材の買い物の時に支払いをしてもらうことがあったり、子供におもちゃなどを買ってもらうことをひとり親ではなく、内縁の夫に援助してもらっているとみなされることがあるからです。

彼氏家や自宅に頻繁に、あるいは定期的に出入りしていることが、近所の人などの通報によって発覚することがあります。

この援助を受けているかどうかの判断は、調査員が調査して、援助の実態があるかどうかなどを調べます。

この調査によって母子手当の支給が打ち切られてしまうこともあり得ないことではないのです。

彼氏と同棲を始めると母子手当の支給は止まる?


彼氏ができて、結婚を前提に、またはそうではなくても同棲をする可能性があります。

その場合、母子手当の支給はどのようになるのでしょうか。

同棲を始めた時点で、彼氏は事実上の婚姻状態にある、内縁の夫とみなされるようになるので、母子手当の支給は確実に止まってしまします。

これは彼氏の収入や、金銭的に彼氏とは生計を別にしているなどの場合でも、同様に内縁状態にあるとみなされ、母子手当の支給を受けることはできません。

同棲していることを隠して受給を続けていると不正受給になる可能性があるので、彼氏と同棲を始めたら、母子手当の停止手続きを行うようにしましょう。

そのまま不正受給を続けていると、詐欺罪で告訴されることも考えられます。

この不正受給とみなされるのは、同棲だけではなく、半同棲の場合にも適用される可能性があるので、誤解を招くような言動は極力控えたほうが賢明です。

再婚した時の母子手当の手続きは必要?


離婚後、めでたく再婚が決まると、もう母子家庭ではなくなるので、母子手当の受給資格を喪失してしまいます。

これは子供が夫と養子縁組をする、しないに関わりません。

注意が必要なのは、晴れて夫婦となる二人が婚姻届けの提出を行っても、自動的に母子手当の支給が止まるわけではないことです。

再婚したら、すぐにでも母子手当の「資格消失届」提出する必要があります。

この資格喪失届の提出が遅れ、再婚後も母子手当を受け取ってしまうと、後から返還請求をされるか、最悪の場合不正受給とみなされ、刑事告訴されてしまうことも考えられます。

この資格消失届は再婚時に婚姻届けと一緒に提出するのが一番望ましいタイミングであると言えるでしょう。

母子手当の資格の喪失は、同居を始めたか、婚姻届けを提出した場合の早いほうの日時で認定されます。

資格喪失の手続きが遅れた場合には役所の担当者に事情を詳しく聞かれることもあり、不快な思いをすることも考えられます。

資格喪失の手続きは迅速に行うようにしましょう。

まとめ

  • 彼氏がいるだけでも母子手当が受けられなくなることもある
  • 同棲は事実婚とみなされ、母子手当は受給できなくなる
  • 再婚時には早めに資格喪失の手続きを行う

シングルマザーでも恋愛は自由なはずですが、母子手当を支給されている場合には、彼氏に援助を受けないよう、また周囲に不正受給をしていると見られないよう慎重にならなければなりません。

また、同棲は事実婚とみなされることも知っておきましょう。

再婚後にはなるべく早く母子手当の資格喪失届を提出するようにしましょう。