離婚準備をしている段階では、とにかく親権が欲しいの一点張りだった母親にも、子育て以外の人生はあります。

新生活は母子でスタートしたとしても、様々な苦難を経て、新しいパートナーに出会うことは充分に考えられます。

世の中には、シングルマザー本人だけでなく、その子供のことも心から愛し、大切にしてくれる人がいるのも事実です。

しかし、新たなパートナーが現れた際に気がかりなのが、児童扶養手当の問題です。

そこで今回は、もしも彼氏ができた場合でも児童扶養手当は引き続き支給されるのかというテーマについて考えます。

再婚した場合はどうなのか、彼氏ができただけだとどうか、同棲した場合はといった疑問にお答えします。

児童扶養手当は再婚してももらえる?


児童扶養手当は、新しいパートナーと再婚することで支給が打ち切られます。

児童扶養手当とは、あくまでも一人親が子供を育てていくためのものだからです。

したがって、新しい夫ができれば受給する資格はなくなります。

では、児童扶養手当は一度申請して認定されれば、再婚するまでもらえるものなのでしょうか。

児童扶養手当がいつまでもらえるかは、世帯の所得の状況によります。

また、支給金額についても所得によって減額になることがあります。

児童扶養手当とは、子供を育てながら生活をしていく上で不足である分を補うために支給されるものです。

一人親だった母親が再婚したときや、所得がしっかり増えていけば、国からの支給はなくなります。

児童扶養手当は彼氏がいてももらえる?


児童扶養手当は、彼氏ができただけで止められることはありません。

新しいパートナーと再婚し、子供の父親代わりの存在になれば支給は止まりますが、シングルマザーの彼氏である状態というだけでは、彼氏の所得が子育てに影響することもないからです。

しかし、そういったパートナーの温かい支えがあり、シングルマザーが仕事と子育てを両立しながら、少しずつ所得を上げていく可能性は充分に考えられます。

先に述べました通り、母親の所得が上がることによって、児童扶養手当が減給されたり止められたりすることはあります。

児童扶養手当は彼氏と同棲したらどうなるの?


母親が新しいパートナーと再婚することで、児童扶養手当が打ち切られることは先に説明した通りです。

では、再婚はしていないが、同棲した場合はどうなるのでしょうか。

児童扶養手当は、彼氏と同棲すれば受給資格がないと判断されることがあります。

たとえば、離婚後に母親が実家の両親と同居をした場合には、母親本人の所得だけでなく、両親の所得も加えた上で、児童扶養手当は算出されます。

つまり、同居している人に所得があり、その所得が一定額を超えれば児童扶養手当は支給されなくなるのです。

また、所得の問題だけでなく、多くのケースでは「同棲している状態は再婚とほぼ同じ」と判断されることがあります。

共に暮らしているのであれば、入籍はしていなくとも父親的な役割を担うことができます。

但し、彼氏の住民票を同じ住所にせず、同棲している事実を役所に知られていない場合に、そのまま受給している女性はいます。

しかし、役所が同棲の事実を掴めば審査対象にはされます。

場合によっては「不正受給」との判断を下されることもありますので、同居者がいる事実は隠さないことが必要です。

まとめ

  • 再婚すれば児童扶養手当の受給資格はなくなる。
  • 再婚はしなくとも所得が一定額を超えれば支給は止まる、または減額になる。
  • 入籍前であっても同棲していれば児童扶養手当を止められることがある。

児童扶養手当とは、一人親が子供を育てていくためのものです。

未婚、離婚、死別等の理由で、一人で子育てをしていく妻(もしくは夫)の所得が充分でなく、子育てに必要となる金銭がない世帯に対して支払われるものです。

両親や兄弟、婚約者や再婚相手等、金銭的に物理的に支援してくれる人がいない場合には、手当を頼らなければあっという間に生活が困窮してしまいます。

母親の収入で衣食住は何とか凌げても、子供に充分な教育の機会を与えられないということはよくあります。

メディアでもよく取り上げられている「学びの貧困」を減らすためにも、もらうべき人はしっかりと児童扶養手当をもらうように手続きしましょう。