結婚して家を買うときには、離婚するときのことまで考えていないものですが、いざ離婚するとなると、持ち家をどうするかという問題が出てきます。

税金などの維持費がかかってきますので、思い出と共に売ってスッキリしてしまいたいと思う人も多いですよね。

今回は、離婚する際に持ち家を売るべきかなのか、また名義や連帯保証人を変えることはできるのかどうか調べてみました。

離婚するとき持ち家はどうなるの?


これまで家族が住んでいた家というのは、通常、離婚したあとも夫婦が一緒に住み続けることはほとんどなく、夫か妻のどちらか、または両方とも出ていくことになるのが一般的です。

賃貸なら契約を解除してそれぞれが退去すれば済む話です。

が、持ち家の場合はいろいろと考えなければなりません。

もし住宅ローンが残っていなければ、持ち家を売却して利益を分割すれば良いのですが、ローンが残っていると複雑です。

妻が自分名義で家を購入しているとすれば、夫を追い出して住み続けることは簡単ですが、このようなケースは少なく、よくあるのが住宅ローンを夫名義にして妻を連帯保証人にしているケースや、共働きの場合は夫婦で共有名義にしているパターンが一般的のようです。

離婚をしても持ち家の名義変更はできるの?


離婚しても学校を変えたくないという理由から、子供の親権を持つほうが持ち家に住み続けるケースがあります。

もし妻側が子供を引き取る場合は、持ち家の名義を確認しましょう。

もし夫名義で住宅ローンを契約していて、妻が住み続けるのなら、不動産の名義を妻に変えたほうがのちのち無難です。

しかし、住宅ローンを妻の名義で借り換えるには、金融機関の承諾を得なくてはなりません。

が、妻に一定の収入がなければ住宅ローンを組むことはできません。

名義人になる人には与信を行うので、経済状況が信用できないと判断された場合は、名義変更を拒否されたり、残高の一括返済を求められることもあるので注意が必要です。

では夫が名義変更をせず、夫が持ち家を出ていったあとも、これまで通り住宅ローンを払い続けるとたとえ約束したとしても、夫が病気やリストラになったら支払い継続ができなくなりますので、その場合もし妻が連帯保証人だったら、残債を払う義務が発生します。

それに、離婚した後も元夫名義の家に住むのはやはり抵抗がある方がほとんどです。

離婚して持ち家の連帯保証人は変更できる?


連帯保証人というのは、住宅ローンの名義人がローン返済できない場合に、代わりに返済する義務がある人です。

連帯保証人というのは金融機関との契約なので、気軽に変更はできません。

金融機関に相談して、連帯保証人からはずしてもらえることも可能ではありますが、その場合は、代わりになる連帯保証人を探す必要があります。

その代わりの人がローン返済できる経済状態でなければ変更は難しく、審査を通過することは簡単なことではありません。

そのほかの方法としては、ローンを新規に借り換えたり、ほかの固定資産を担保にするなどの方法があります。

まとめ

  • 離婚時に持ち家は売却できるなら売ってしまったほうが後々揉め事が起きにくい
  • 持ち家の名義変更は離婚時でもできるが金融機関の承諾が必要
  • 連帯保証人を変更することは可能だが銀行の承諾が必要

こうしたマイホームの処分方法に限らず、離婚に関する取り決めは全て公正証書にしておくことが大事ですね。

後日万が一、揉め事になったとしても、証拠が残っていれば速やかに解決できるので、公正証書に残しておきましょう。