離婚したあとも持ち家に住み続けたほうがいいのか、売却してしまったほうがいいのか、悩みますよね。

離婚したら新しい出発に向けてスッキリしたいところですが、不動産は大きなお金が動くので、躊躇してしまいがち。

一体どうするのが賢い選択なのでしょうか。

離婚したら持ち家は売却すべき?


住宅ローンが残っていなければ、売却するのがおすすめです。

購入時より価格が下がっていたとしても売却して現金化してしまったほうが、すっきりしますし、後々金銭的なトラブルになりません。

もし住宅ローンの残債が残っていると、離婚後でも金融機関を通した関係が発生しますので、さっぱり縁を切ることができなくなります。

ではローンが残っていても売却すればいいかというと、住宅ローンは完済しないと売却ができません。

いま借りているローンを全額返済して、家の抵当権を抹消しなければ売ることはできないのです。

離婚しても持ち家に住み続けるのはどうなの?


住宅ローンが残っていて、売却のためのローン完済ができない場合は、夫か妻かどちらかがローンを支払いながら住み続けることになります。

夫が名義人で住み続ける場合は、家の価値分の財産分与を現金で支払ってもらいますが、妻が連帯保証人になっているケースは夫がローン返済できなくなったら妻に返済義務が発生しますので注意が必要です。

名義人は夫だったけれど、妻が住み続ける場合は、妻側に名義変更するかどうかを考えましょう。

というのも、夫は新しく住む場所での家賃も支払いますし、今後ローンを滞りなく返済できる経済状況が続くかどうかは分かりません。

注意すべきなのは、夫がローンを滞納したら、妻の住む場所がなくなるということです。

そのため、妻に収入があるなら、名義変更をしたほうが安心です。

ただ、名義変更手続きには名義人になる人の与信を行うので、経済状況が信用できなければ、銀行が名義人変更を拒否したり、ローン残高の一括返済を求められることもあります。

離婚して持ち家を賃貸することはできるの?


夫が名義人となって住宅ローンを契約した持ち家に、妻が住み続けたい場合ですが、もし妻側に住宅ローンの返済能力が無いと金融機関にみなされ、名義変更ができなかった場合でも、持ち家に住み続けることは可能です。

それは、名義人の夫と賃貸借契約を結び、住宅ローンを家賃として支払えばいいのです。

また、住宅ローンが残っていない場合でも、売却せず、夫か妻かどちらかが住み続けたい場合も、使用貸借や賃貸借契約を結べば問題ありません。

まとめ

  • 離婚時の持ち家はローン残債を完済すれば売却可能
  • 離婚後も持ち家に住み続けることは可能だが、名義人や保証人を確認すること
  • 持ち家に離婚後も住み続けたいなら賃貸することもできる

離婚する際の、持ち家を売却するか住み続けるかということを考えるときは、まず不動産の価格や、ローン残債など、現状がどうなっているか、しっかり調査することから始めましょう。

たとえば不動産会社に持ち家を査定してもらって、不動産の価格を把握しておかないと、売却すべきか否かの判断がつきません。

第三者のデータを元に、今後の対策を考えていきましょう。