結婚しているあいだに家を購入した場合、離婚したら夫婦は別々に住むことになりますので、持ち家をどうするか考えなくてはなりません。

売却するのがいちばんシンプルで、その後揉め事にもならないのでオススメなのですが、ローンが残っているとそもそも売ることができません。

共有名義で購入していた場合はどうすればいいか、また、持ち家に妻が住む場合のリスクや、妻が連帯保証人になったままでいるリスクなどを調べてみました。

離婚して持ち家に妻が住む場合はどうなる?


離婚したあと、夫が家を出ていき、妻がそのまま持ち家に住み続けるケースは珍しくはありません。

特に、ローンが残っていると、離婚時にローン完済して売却することは現実的に難しいためです。

財産分与として夫が妻に家を明け渡すことは多いようですが、名義と保証人を確認する必要があります。

夫名義のままにしておくと、これから夫が万が一の病気や、リストラなどで収入が途絶えてしまった場合にローン残債を返せなくなりますので、家を売却しなければならなかったり、差し押さえられて強制退去する羽目になります。

ヒヤヒヤしながら住むのはストレスのかかりますよね。

安心して持ち家で暮らせるよう、名義を妻のほうに移しておきましょう。

そのためには、ある一定の収入があり、与信で審査を通過できることが条件になります。

離婚するけど持ち家が共有名義の場合は?


持ち家を購入する際、夫と妻がひとつの不動産を持つことを、共有名義と呼びます。

誰の名義で購入したのかを確認するには、法務局で不動産の登記簿謄本を取得して調べる必要があります。

また、どのような担保(抵当権など)が設定されているのかも確認しておきましょう。

共有名義だった場合、夫か妻が持ち家に住み続けるなら、住む側へ名義を変更するのがベストです。

ただし、住宅ローン返済中であれば、銀行の承諾なく担保不動産の名義を変更するのは禁止されているので、事前に銀行の承諾を得たうえで名義変更しなければなりません。

離婚したら持ち家の保証人は誰がなる?


不動産を購入する際には、連帯保証人を立てるのが一般的です。

夫名義で家を購入したら、妻が保証人になるケースがほとんど。

でも離婚することになったら、連帯保証人を外れたいと願う人は多いです。

しかし、連帯保証人を変更することは夫婦間での協議だけでは済まされません。

銀行との契約で住宅ローンを借りて不動産を購入しているので、銀行から承諾を得る必要があるのです。

連帯保証人を解除できる方法は、夫や妻以外の、一定以上の収入がある別の人に連帯保証を代わってもらうか、住宅ローンの借り換えをして連帯保証の責任を消滅させるか、住宅ローンを新規に契約して旧ローンを一括返済するというローンの組み換えをするか、自身か身内の誰かに住宅ローン相当分の固定資産を担保にしてもらう方法があります。

まとめ

  • 離婚して夫名義のまま妻が持ち家に住み続けるのはローン滞納で差し押さえのリスクあり
  • 離婚後も持ち家を共有名義のままにしておくと売りたい時に売れないリスクあり
  • 離婚後、持ち家の保証人になったまま住むのは危険。解除手段をさがすべし

共有名義や連帯保証人のままにしておくことは、のちのちトラブルの元になる可能性が非常に高いです。

たとえば、元夫がローンを滞納してしまい、連帯保証人である元妻へ支払い義務が発生する可能性や、いざ持ち家を売りたくなっても、共有名義である元配偶者と連絡が取れなくなったり、邪魔されたりする可能性があります。

様々なリスクを想定して、ベストといえる対策を取っていきましょう。