離婚する時に一番難しい問題と言われるのが、住宅ローンの残った家の処理です。

離婚の手続きをしても、銀行との契約である住宅ローンの名義や保証人などはそのまま。

状況に応じてきちんと対処する必要があります。

特に気になるのが、夫名義の住宅ローンが離婚後自分にどう降りかかってくるのかですよね。

ローンは財産分与の対象になるのか、妻に支払い義務が生じることはあるのか、などを確認していきましょう。

離婚時の住宅ローンが夫名義の場合に想定されるパターン


一般的に夫婦では夫の方が経済力があるケースが多いので、住宅ローンの名義も夫にしているケースが多いと思います。

その場合は離婚する時、どういった状況になるのでしょうか?

売って清算する場合は問題ないですが、気になるのがどちらかがその家に住み続ける場合です。

妻が出て行き、夫がそのまま住む。」

これはローンの名義と住んでいる人物が一致するので、一番問題なく収まりますね。

その時の家の資産価値を調べて、必要なら財産分与が行われておしまいです。

夫が出て行き、妻がそのまま住む。」

子供の学校を変えたくなかったりしてこの選択肢を選ぶ夫婦も多いですが、この場合は少し複雑になります。

妻に夫と同等以上の経済力があり、家の名義とローンの名義を変更出来れば何も問題ないのですが、夫がローンの支払いを続ける場合もよくありますね。

でも住人とローン名義人が違うのは銀行側からすると契約違反となって、最悪ローンの返済を一括で要求されたりするので注意が必要です。

離婚時に住宅ローンが残っている家の財産分与はどうなる?


住宅ローンがまだ残っている家が財産分与の対象になるかどうかは、離婚時点でのその家の価値が大きく関係します。

まずは、家の売却額がローンの残高を上回る場合。

これはその家に価値があるという事なので「共有財産である」と判断され、財産分与の対象になります

家を売る場合は、出た利益額を半々にします。

どちらかがそのまま住み続ける場合は、「ローン残高を引いた現在の家の価値の半分」を出て行く方に支払う必要があります。

逆に、家の価値がローンの残高を下回る場合(オーバーローン)はどうでしょうか。

オーバーローンの家は債務でしかなく、「分与に値する財産ではない」とみなされます。

この場合は他の財産がどれだけあるかによって扱いが変わるので注意が必要です。

  • 財産の総額がローン額を上回る場合、財産分与の総額からローン分を引いた額を夫婦で分ける。
  • 財産の総額よりもローン額が大きい場合、財産分与は行われない。

  • 2つめがややこしいですが、基本的に「財産分与はプラスの財産のみが対象」なんです。

    つまりこの場合は、どちらかがそのまま住む場合でも、売却する場合でも、住宅ローンは名義人と保証人がそのまま責任を負う事になります。

    離婚した後の住宅ローンの支払い義務は誰にあるの?


    住宅ローンの契約は離婚とは関係のないものなので、離婚しても、名義も責任もそのままです。

    つまり住宅ローンの名義が夫の場合、その支払いも夫の義務となるんですね。

    ただし気を付けたいのが、あなたが連帯債務者や保証人になっていないかという点です。

    もしこのどちらかに名前が載っていたら、そのローンは自分が借りているも同じです。

    夫が支払いを滞納したりした場合など、ある日突然支払いの催促が来た…なんて事になるかもしれません。

    契約書をきちんとチェックしてみてくださいね。

    もしあなたがローンの保証人になっている場合、残念ながら基本的には保証人から外れる事は出来ないと思っておいた方がいいようです。

    離婚のときに夫が「自分が支払う」と言っていても、長い返済期間の中でずっと気が変わらない保証はありません。

    万が一に備えて、口約束ではなく公正証書を作成しておくのがオススメです。

    まとめ

    • ローンの名義と実際の住人が違うと契約違反となる恐れあり
    • 住宅ローンが財産分与の対象になるかどうかは、家の価値しだい
    • 名義が夫のみで保証人にもなっていなければ、支払い義務はなし

    「経済力のある夫を住宅ローンの名義人において、自分は保証人に…」というのは夫婦で家を買う場合にとても良くあるケース。

    銀行側に名義人の変更を認めてもらうのはなかなか難しく、家を売って利益が出るなら清算してしまうのが一番簡単だと思います。

    でもどちらかが住み続ける場合やオーバーローンの場合はそうもいかないですよね。

    離婚後しばらく経ってから突然ローンの支払いが回って来た!なんて事がないように、離婚の時点でしっかり確認しておいてくださいね。