子供の学区を考えた場合など、離婚後に妻と子供が持ち家にそのまま住む選択をするのはよくありますよね。

でも家は夫名義のまま、ローンも夫が支払い…。

妻のいい所どりに見えますが、実は夫名義の家に住むのってなかなか危険だって知っていますか?

売却した方がいいのかどうかなども含め、住宅ローンの名義が夫の場合の離婚を想定して見て行きましょう。

離婚の時、住宅ローンが残っている場合の選択肢


離婚の時に住宅ローンが残っている場合、選択肢は大きく分けて2つですよね。

売るか、住むかです。

家を売って清算する場合は(オーバーローンの場合を除いて)ごくごくシンプル。

売却額からローン残高を引いた残りを二等分すればおしまいです。

でもどちらかが住み続ける選択をした時はローンは返済し続ける事になりますよね。

この時に問題になるのが、名義です。

よくあるパターンは以下の4つ。

  • 夫が夫名義の家に住み、ローンの名義も夫(1)
  • 妻が夫名義の家に住み、ローンの名義も夫(2)
  • 妻が名義を妻に変更した家に住み、ローンの名義はそのまま夫(3)
  • 妻が名義を妻に変更した家に住み、ローンの名義も妻に変更(4)

  • 1のケースは何も問題ありません。4も、難易度はさておき問題ありません。

    ところが、2と3は銀行との契約違反になってしまい、最悪一括返済などを求められてしまう場合もあるリスキーな行為です。

    「家の名義・ローンの名義・実際に住む人」は全て一致しているべきなんです。

    離婚後、夫名義の家に妻が住むデメリットは?


    とはいえ、妻に十分な収入がない場合、ローンの名義変更を許してくれる銀行はなかなかありません

    そのため銀行に知らせずに2や3の選択肢を取っている人も多いのですが、これには大きなリスクが伴います。

    家の名義が夫ということは所有権が夫にあるということで、いくらその家に住んでいても妻側の法的な立場はかなり弱い物になります。

    離婚した当初は夫も納得していても、時間が経つにつれて心変わりしないという保証はどこにもありません

    「再婚して新しい家族と住みたいから出て行ってくれ」と突然言われたり、最悪勝手に売られてしまうなんてことも。

    権利が夫の方に残ったままではいつ追い出されるか…と思いながら住む事になりかねません。

    こういったリスクを最小限にするためには、離婚時に妻がその家に住む権利を証明するための法的拘束力のある文書を作成しておくのが安心です。

    離婚時は出来る限り持ち家は売却すべき


    上に書いたような夫名義の家に妻が住む際のデメリットの他に、夫が住んでローンの支払いをする場合でも、問題はあります。

    例えばもし妻がローンの保証人になっている場合、そこから抜けるのは容易な事ではありません

    知らない間に元夫の経済状況が悪くなり、ある日突然自分にローンの支払いが回って来る…なんてホラーですよね。

    売るかどうか決めるためにも、まずは持ち家の資産価値を調べてみましょう

    不動産屋さんに直接お願いする以外にも、最近だとネットで簡易的な鑑定をしている所もあります。

    複数のサイトを利用して平均を取って見たり、大体の資産価値を確認します。

    オーバーローン(売値がローン残高を下回る状態)ではない限り、新しいスタートを切る意味でも清算してしまうのがオススメです。

    オーバーローンであっても多少なら無理してでも売ってしまえ、という人が多い位、不動産の問題は夫婦間でこじれやすいです。

    離婚してからもごたごたするのは嫌ですよね。

    まとめ

    • 住宅ローンの名義人・支払人・住む人は一致させるのが理想。
    • やむなく夫名義の家に妻が住む場合は、公正証書の作成を。
    • 新たなスタートを切る意味でも出来たら売却するのがスッキリできる。

    住宅ローンが残っていると、夫婦の二者間だけでなく、銀行という第三者を交えるので問題が複雑になってしまいます。

    めんどくさいからとなんとなく住み続けてしまうと、後からトラブルになりかねません。

    出来れば家は売って清算してしまうのがおすすめです。

    でもどうしてもそれが難しい場合は、出来る限り「家の名義人・ローンの名義人・家に住む人」が一致するようにしてくださいね。