離婚時の財産分与は多くの夫婦を悩ませる問題です。

その中でも一番難しい問題だと言われるのが、不動産の処理。

まだローンが残っているマイホーム、住み続けるべきなのか、売ってしまうべきなのか、悩みますよね。

名義やローンの問題などが絡んで、簡単に決めるのは難しいです。

住み続ける場合、売却する場合のメリット・デメリットを確認してみましょう。

離婚後も住宅ローンの残った家に住み続ける場合


この場合のメリットは、なんと言っても「環境を変えずに済む」事ですよね。

特に子供がいる場合など、なるべく今まで通りに暮らさせてあげたい、という思いから親権を持つ親が家に住み続けるケースが多いです。

また、賃貸の家賃と月々の支払いがあまり変わらないなんていう場合も。

こうなると売ってしまうのはもったいない感じがします。

デメリットとしては、離婚する相手との関係がきっぱり切れない事。

住宅ローンを組んでいる夫婦の多くが、共同名義や、夫が名義人・妻が保証人という形を取っている事が多いですよね。

スムーズに名義人変更出来ればいいですが、夫より収入の低い妻が住む場合、夫名義のローンをそのままにせざるを得ない事があります。

そうなると銀行との契約の問題が出て最悪一括返済を迫られたり、名義を夫のままにする事である日突然出て行く羽目になったり。

夫が住み続ける場合でも、妻が保証人のままだと、ある日突然返済を迫られるリスクもあります。

安心して住める環境とは言えないかも…。

離婚する時に家を売却する場合


逆に家を売却する場合はどうでしょうか。

メリットはやはり「関係が清算出来る」、これに尽きると思います。

また両方が特に家に固執していない場合は、売却する事で財産分与としてまとまったお金を手に出来る事もあります。

デメリットとしては、やはりせっかく買った家を手放すのは損した気分になりますよね。

あとは、オーバーローンのケースです。

オーバーローンとは家を売ろうとした時に売却価格よりもローンの残高が大きい状態を言います。

この場合、売るときに売値とローン残高の差額を用意する必要があるので、まとまった資金が必要になります。

額が大きいと大変ですよね。資金が用意できず、売れないケースも。

この場合は、「将来売却」という選択肢もあります

しばらくローンを支払い続ける事でオーバーローンが解消された時や、資金が用意できたタイミングで家を売るという取り決めをしておくのです。

離婚時に住宅ローンが残っている場合のおすすめは、売却


なんとなくもったいない気がして家を維持したくなりますが、お勧めはやっぱり売却です。

ローンが残っている家を維持する場合、先ほども書いたように名義人や保証人の問題は避けられません。

折角離婚して関係を解消するのですから、家が原因で縛られてしまうのはもったいないと思いませんか。

誰が払うかなどごちゃごちゃした取り決めをせず、売って利益を半々、さっぱりです。

以前聞いた話では、妻が家をもらう事になり、養育費代わりに家のローンを夫が払い続ける事を決めて離婚したものの、数年で夫の経済状況が悪化

夫が「払えないから」と売る事を主張してきて、妻はローンを払えないしで大変だったそうです。

この場合夫が名義人なのでやろうと思えば夫は勝手に家を売る事が出来ます。

彼女は無事引っ越し出来たそうですが、本当にいきなり追い出される形もあり得るのが怖いところ。

こんな事なら最初から売って養育費貰っておけばよかった」と言っていたのが印象的でした。

まとめ

  • ローンの残った家に住み続ける場合は、将来のごたごたの覚悟を
  • 住み続ける場合は名義変更などで銀行との契約違反にならないよう注意
  • 特別な事情がない限り、家は売った方がいい

オーバーローンの場合など売るのが難しい場合もありますが、住宅ローン付きの家は出来る限り離婚と同時に清算しておいた方が将来の自分のためです。

スッキリ清算して、気持ちよく新しいスタートを切りましょう!

やむを得ず住み続ける場合も、「予想外のトラブルが起きた…」なんてことにならないように権利関係や名義などはしっかり確認して下さいね。