離婚後のマンション、どうするか決めていますか?

「ローンも残ってるし、今は要らないけど後で住むかもしれないし…」なんて迷う人も多いかもしれませんね。

そんな時にとりあえずの案として浮かんでくるのが、今のマンションを賃貸する事。

家賃収入を得られるのって魅力的ですよね。

でも「なんとなく」で賃貸するのは少しキケンかも。

この記事でメリットとデメリットを確認してみましょう。

離婚後のマンションを賃貸するという選択肢


離婚した後、夫婦のどちらも今までのマンションに住むつもりはない…という場合もありますよね。

「それなら売ろうかな」と思っても、オーバーローン(売値よりローン残高が大きい状態)だったりして売るに売れないなんて事になったら困ってしまいます。

どうしようかな、と思った時に賃貸という選択肢はすごく良いものに写るかも。

ムリして任意売却などで家を売ると、ローンの清算に多額の現金が必要になったりしますし、

「とりあえず賃貸して家賃からローンを払っていければかなりお得じゃない!」なんて。

でもふわっとした安易な考えで賃貸に手を出すのは危険かもしれませんよ。

きちんと管理出来るなら利益を出すことも可能ですが、意外と落とし穴も多いんです。

賃貸従事者は、「普通の人が思ってる以上にトラブルは多い」と言います。

自分がきちんと管理できるか、見定めるのが大事です。

離婚後にマンションを賃貸するメリット


売らずに賃貸する事による最大のメリットは、言わずもがな、家賃収入です。

自分たちは住む気はないけどオーバーローンで売れない場合、空き家にローンの支払いをするなんて悲しい状態になる事もあります。

そこにテナントさんが入ってくれれば、空き家が無駄にならないどころか、家賃収入になってローンの支払い分を賄える…。

素晴らしいアイディアに思えますよね。

また、ローンがない場合でも家賃の収入を養育費の代わりにしたりすれば、夫側の負担も減るし、妻の方も毎月きちんと支払われる安心感があります。

家計の外から自動的にお金が入って来るというのはやはり心強いですよね。

さらには、いざとなれば自分も住めるというのもかなりのメリットではないでしょうか。

そして必要なくなったら売ってしまえばいいですし、良い事づくめに見えます。

離婚にマンションを賃貸するデメリット


逆にデメリットにはどんなものがあるんでしょうか。

最大のデメリットは、テナントとのトラブルにあると思います。

いいテナントに当たればいいですが、家を大事にしない・支払が滞るといった不良テナントに当たるとストレスは計り知れません。

また、家賃収入の方がローンの支払いよりも少なくなるケースにも注意が必要です。

マンションの管理費など維持費も意外と必要なものですし、単純にお金が入って来るだけではないのが賃貸の難しい所です。

さらにもう一つのデメリットは、時間が経つにつれてマンションの資産価値が落ちていくことです。

やっぱり売ろうかな…となった時に、離婚した時よりもかなり資産価値が落ちている事に気付いてがっくり来るかもしれません。

最終的に売るつもりなら、時期は早いに越した事はないんです。

ちなみに住宅ローン返済中に人に貸すのは銀行との契約違反になるのでこちらも注意が必要です。

最悪ローンの一括返済などを求められる事があるので、賃貸をしたいと思った時は銀行に相談を。

必要ならば賃貸用ローンに借り換えをするなどして、トラブルを防いでくださいね。

まとめ

  • 売ると損する場合などに賃貸という選択肢は便利
  • 家賃収入を得たり、いざという時住めるのがメリット
  • テナントとのトラブルや、月日が経つにつれて資産価値が落ちるのがデメリット
  • ローンの残った家を勝手に賃貸するのはダメ

良い事づくめに見えるマンションの賃貸ですが、始めてみたら思った以上にトラブル続きでげっそり…なんてことにも。

素人が賃貸をするのは意外とハードルが高い事を念頭に置いて、メリットデメリットをよく考えてから手を出してくださいね。

そして意外と見落としがちなのが銀行との契約です。

勝手に賃貸を始めた事が分かったら、トラブルになる事必至。

銀行側もローンは払ってほしいはずですから、一度賃貸することについて相談してみましょう。