離婚後母子家庭になるときに、新しく住まいを準備するか、実家に戻るか、悩む人も多いと思います。

実家と賃貸住宅、どちらにもメリットとデメリットがあります。

ここでは実家に戻った場合と、賃貸住宅を借りた場合のメリットとデメリットについて説明していきます。

母子家庭の住宅事情とは?


母子家庭になった場合には、新たに賃貸住宅を借りるなどして新居を用意する場合と、実家に戻る場合がありますが、実家に戻るケースより、新たに住居を構える人が多いようです。

その理由は、別居状態のほうが子供と密接に関わることができる、友人や恋人の付き合いに気兼ねしなくてよい、隣近所の噂になりにくいなどのメリットがあるためです。

しかし、実家に住むことで、子供の面倒を見てもらえるため、子育ての負担が減ったり、働きやすい環境が整うなどのメリットがある事も事実です。

母子手当などの支給やその他援助を受けながら、経済的に自立した生活を送ることができる人は、別居を選ぶ傾向が強いようです。

子供を連れての離婚は、今では珍しくありませんが、昔のように実家に戻る人は少なくなっているようです。

今の世の中では、昔に比べてシングルマザーへの各種支援が充実しており、働きやすい環境にあるため、自立した母子家庭が多くなっているのです。

母子家庭が実家に住むことのメリットとデメリット


母子家庭が実家に住むことのメリットは、前の章で挙げた子育てに対する支援のほかに金銭的なこともあります。

例えば家賃や光熱費、食費などが必要ない、または最低限の金額で済むということが金銭的なメリットと言えるでしょう。

働く場合にも、子供の急な発熱などの時に子供を預けることができるので、仕事を探しやすいというメリットもあります。

しかし、デメリットがあり、実家に同居する家族の収入によっては母子手当やその他の公的援助が受けられない可能性もあります。

その理由は、同居家族に十分な収入があり、その援助を受けていると役所が判断するためです。

実際に家族に金銭的な援助を受けておらず、生計は別にしていても、この判断が変わることはないので、母子手当などの受給を希望する際には同居家族の収入に注意することが必要です。

家族の収入により母子手当が受けられない場合にも、実家が2世帯住宅である、水道のメーターが別についているなどの条件により母子手当の受給が受けられるケースもまれにあるので、一度自治体の窓口に相談してみてください。

母子家庭で賃貸住宅に住む場合のメリットとデメリット


母子家庭が賃貸住宅を借りる場合にもメリットとデメリットの双方があります。

まず、母子家庭のみで生活するので、収入などの条件がありますが、母子手当を受けることができます。

また、母子家庭などのひとり親家庭を対象とした住宅助成制度(住宅手当)を支給している自治体も存在します。

この住宅助成制度を受けるには収入や子供の年齢、生活保護を受けていないなどのさまざまな条件があり、それらをクリアして初めて支給を受けることができます。

ひとり親家庭の住宅助成制度はすべての自治体で支給されるわけではありませんが、住んでいる自治体でもそのような支援が行われているか一度調べてみることをおすすめします。

それ以外にも母子家庭であると市営住宅に入居しやすいといったメリットもあるので、居住費を低く抑えることもできます。

母子家庭が賃貸住宅に入居する場合にのデメリットには、実家に住む場合と比べて出費が増えたり、自分の時間が取れなかったりなどのことが予想されます。

まとめ

  • 実家住まいでは母子手当が受けられないケースもある
  • 母子家庭に住宅手当が支給される自治体もある
  • 母子家庭は市営住宅に入居しやすい

母子家庭の実家住まいと別居、それぞれにメリットとデメリットがある事がお分かりいただけたと思います。

一口に母子家庭といっても、子供の人数や年齢、収入など、さまざまな違いがあるので、自分のライフスタイルに合った住まいを確保するようにしましょう。