結婚期間中に仕事をしていた人は離婚後、母子家庭になっても職にあぶれることはありませんが、結婚期間中に専業主婦だった人新たに仕事を始める必要があるので、生活が大きく変わります。

結婚期間中に仕事をしていた人も、専業主婦だった人も、離婚後は働き方や生活習慣を大きく変える必要が出てくるかもしれません。

ここでは離婚後、母子家庭になった場合の働き方について考えていきます。

母子家庭になったとき、仕事はどうすればよいか


離婚するまで正社員で働いていた人はともかく、専業主婦やパートで仕事をしていた人は、母子家庭の生活を維持するために就職活動を行う必要があります。

特にそれまで専業主婦だった人が、正社員の職を得るのは、特殊な資格がない限りは至難の業です。

最初は非正規の派遣などの職に就くことが多いと思いますが、その就職活動を行う際に「正社員登用制度」がある職場を選ぶことをおすすめします。

子供が小さいうちは急な発熱などで仕事をお休みしてしまうこともあるかもしれませんが、子供が大きくなると、教育費も桁違いに必要になるので、その時期に正社員になれるよう職場での地位を確立しておいてはいかがでしょうか。

専業主婦の期間が長いと派遣などの仕事も見つけづらいと思いますが、それでもパートを探すなどして、生活の基盤を整える努力をしなくてはなりません。

パート期間は履歴書には記入できませんが、少なくとも次に就職先を探すときに、履歴書の空白期間に何をしていたかを答えることができるようになります。

また、母子家庭になったときに申請して支給を受ける母子家庭ですが、就職していない、または就職活動をしていない期間が続くと支給額が減らされてしまうことがあるので、注意しましょう。

母子家庭の場合、仕事は何時までできるか


正社員んで働くにしてもパートで働くにしても、母子家庭は何時まででも残業ができるということはありません。

実家の協力があったり、実家に同居していたりすれば別ですが、基本的に保育園や幼稚園の延長保育、または学童保育から子供が帰宅する時間には自分も帰宅する必要があります。

母子家庭では、母親が父親業と母親業、そして仕事をきちんと一人でこなしていくことが要求されるため、並々ならぬ体力が必要になります。

しかし、それら3役を上手にこなすには、まず職場に良い人脈を作り「あの人は残業はできないけれど、時間内できっちり仕事をする人だ」と認めてもらうと、職場での働きやすさが向上します。

たとえパートの時給でも、会社側は残業代を多く払って仕事をしてもらうより、時間内にきちんと仕事を終わらせることができる人のほうが自然と評価が高くなります。

どんな仕事であれ、きちんと時間内に終わらせることで、同僚だけではなく、上司からの良い評価にもつながるでしょう。

母子家庭で仕事をしながら子供との時間を作るには


結婚期間中に正社員でバリバリ働いていた人でも、離婚して母子家庭になると、残業や休日出勤ができない状況になってしまいます。

そのような場合には、賃金が低いため、Wワークを余儀なくされることも考えられます。

母子家庭の金銭的な貧困状態は以前から問題視されてきましたが、近年、母子家庭の「時間の貧困」も問題視され始めました。

金銭的な余裕がない母子家庭では、長時間労働で収入の少なさを補うようになり、それがひどくなると子供との時間はおろか、睡眠時間さえも削らなくてはならない生活になってしまいます。

そのような状況を改善するためには、転職も視野に入れる必要があります。

それも、ただ今より母子家庭に理解がある職場を求めての転職になると、転職先でもうまく働けないケースも想定されます。

一番理想的な転職は、新たに資格を手にしてからの転職です。

各自治体のハローワークでは月に10万円程度の手当の支給を受けながら、各分野の資格を数か月かけて取得し、再就職をサポートするといった取り組みを実施しているところもあります。

そのような再就職支援制度を上手に利用して、資格を取得し、安定した職業をつかむことも考えてみましょう。

まとめ

  • 母子家庭は残業時間が限られてくるので時間のやりくりが大切
  • 職場では提示までに仕事を終わらせて上司と同僚の信用を得る
  • ハローワークの再就職支援制度を上手に利用して有利に転職をする

ここでは、母子家庭の仕事事情について説明してきました。

母子家庭では家庭と仕事の両立が二親そろった家庭より多く求められます。

会社側の母子家庭への理解を深めてもらうと同時に、同僚や上司からも信頼されるような人材になるため、家庭と仕事を両立させるシングルマザーのロールモデルとなることが必要です。