母子家庭をはじめとしたひとり親家庭を助成する制度にはさまざまなものがあります。

では、交通機関の割引制度はあるのでしょうか?

ここでは母子家庭に対する交通機関の割引制度について説明していきます。

母子家庭に対する交通機関の割引制度はあるのか?


母子家庭では交通機関を利用するときに運賃の一定額を免除されたり、無料になったりする制度があります。

しかし、この制度を利用するには条件があり、母子手当か生活保護の支給を受けている家庭など、自治体や運営会社によってその条件には違いがあります。

また、この制度を利用するためには、各運営会社や自治体に申請を行う必要があるので、母子家庭になったからと言って自動的に交通機関の運賃の割引が受けられるわけではありません。

申請には申請先によって異なりますが、各種証明書などの書類が必要です。

各窓口に申請に行く前に、この必要書類についてきちんと調べてから申請を行うようにしましょう。

このような割引制度を利用することで、通勤や子供の通学に必要な交通費の削減に役立つので、積極的に利用したい制度です。

ここでは、電車とバスの割引制度について説明していきます。

母子家庭に対する電車の割引


各電車の運営会社には、母子家庭に対する運賃の割引制度がある場合があります。

ここでは、JRを例にとって説明していきます。

JRには母子家庭に対して通勤用の定期券を3割引で購入できる制度があります。

しかし、この割引制度には条件があり、母子手当または生活保護の支給を受けている世帯にのみ適用されます。

母子手当の支給を受けるための収入の限度額を超えた収入のある母子家庭には、適用されません。

この制度は母親の通勤のみではなく、子供の通学用にも利用できるので、日々の生活費を少しでも節約する必要がある家庭には、ぜひ活用してほしい制度です。

申請先はJRの窓口ではなく、お住まいの市区町村の福祉事務所等になるので、間違えないようにしましょう。

福祉事務所など担当の窓口に母子手当の受給証と顔写真の提出を行うと、母子手当の受給証明書と定期券を割引価格で購入するための所定の用紙を受け取ることができます。

その証明書と記入済みの定期券購入用紙をJRの窓口に持参し、定期券を購入することで、通常の価格から3割引きの価格で通勤または通学用の定期券を購入することができます。

母子家庭に対するバスの割引


母子家庭で、母子手当の支給を受けている家庭の場合、バスに関しても電車と同様に運賃の割引を受けることができるケースがあります。

この制度は国が行っているものではなく、各市町村やバス会社が独自に定めている制度なので、一概にどの程度の割引が受けられるとは言えません。

市営や都営、県営のバスなどにこのような制度がある場合も多く、割引額などは、経営母体の市区町村によって異なるので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

東京都の都バスを例にとってみると、母子手当の受給を受けている人と、その人と生計を同じくいている人にのうち、一世帯につき一名まで乗車無料券を発行してもらうことができます。

この無料乗車券はお住まいの市区町村の福祉関係の窓口で磁気式の都営交通無料乗車券の申請を行う必要があります。

その際には、児童扶養手当(母子手当)証書が必要になります。

また、この都営交通無料乗車券はICカード式(PASUMO)でも発行してもらうこともできます。

この都営交通無料乗車券は都バスだけではなく、都営地下鉄と日暮里・舎人ライナーでも利用することができます。

まとめ

  • 交通機関の運賃には国による助成はない
  • 市区町村独自の支援を行っているところもある
  • 市区町村の支援は母子手当の支給を受けていることを条件とする場合が多い

ここでは、バスや電車の運賃に対する助成について説明してきました。

国からの助成はありませんが、市区町村独自の取り組みを行っているケースが多いようです。

バスや電車の割引制度を申請するには母子手当の支給を受けていることが条件になっている場合が多く、申請にはその証明書が必要なので、まずはバスや電車の会社ではなく、お住まいの市区町村の福祉関係の窓口で母子手当の受給を受けていることを証明する証書を発行してもらいましょう。