多くのシングルマザーが頭を悩ませる問題として、新生活の住居選びがあります。

住み慣れた家を離れ、新たな生活の拠点が定まるまでは、シングルマザー生活を前向きな気持ちで捉え難いですね。

そこで今回は、シングルマザーが賃貸住宅に住むにはどんなことを考える必要があるかを解説していきます。

公営住宅、民間賃貸住宅等、いくつもの物件を幅広く見ていき、子供や自分にとって最も良い条件がそろっている住宅を見出したいものですね。

シングルマザーが選ぶ賃貸住宅は?


離婚率が急速に増加した現在では、シングルマザーの状況に合わせた物件もたくさん出てきています。

インターネットを使って「母子家庭おすすめ物件」を打ち出している不動産屋もあります。

中には、シングルマザーが賃貸を成約してくれたらお祝い金をプレゼントするという企画も見受けられます。

他には、公営住宅という選択肢も魅力があります。

市町村にもよりますが、公営住宅には、一人親世帯を優先的に入居させてくれるという有難い方針を持つところが多く存在します。

「児童扶養手当」の相談等で役所の窓口を訪ねた際、公営住宅の空き具合を訊いたり、月々の家賃についても質問しておくと良いでしょう。

『シングルマザーが賃貸住宅を選択するケース』保証人は必要?


ひと昔前は、賃貸住宅への入居にはいくつもの難関がありました。

入居前の「敷金・礼金」が高額であったこと、そして「連帯保証人」が必ず必要だったこと等があります。

しかし現在では、保証人なしで借りられる物件もあります。

また、シングルの親に限ってお祝い金等を用意している不動産屋もあります。

さらに、敷金・礼金ゼロの物件があることは広く知られています。

敷金や礼金不要であり、連帯保証人なしの物件はシングルマザーには人気があるようです。

まわりに迷惑をかけず、自分の力で子育てをしていきたいシングルマザーのために、さらに詳しく見ていきましょう。

『シングルマザーが賃貸住宅を選択した場合』審査は厳しい?


賃貸住宅の入居審査で、不動産屋が重視している点は「家賃滞納になる危険性がないかどうか」です。

つまり、毎月の収入が一定以上あり、なおかつ安定収入であるか否かが重要になります。

公務員や上場企業、大手有名企業に勤めている場合であれば審査に通りやすいということになります。

母子家庭の多くは、毎月の収入が低い、子供を抱えているため仕事を休むことがある等の事情があります。

また、長時間労働ができないシングルマザーも多いため、審査で厳しい目で見られることがあります。

しかし、先に述べた通り、シングルマザーが借りやすい物件も増えてきています。

収入が高額でなくとも、入居審査に通る物件もあります。

インターネットを使い、「シングルマザー」または「母子家庭」「保証人不要」等の検索ワードで良い物件を探してみましょう。

最近人気なのが、「UR賃貸」と呼ばれる都市再生機構管理の物件です。

保証人も礼金も一切不要であり、子供を抱えている世帯には割引制度も適用されることがあります。

ただ、離婚直後は少しでも安い賃貸住宅をと考える一人親が多いため、場合によってはアパートの人数制限に引っかかることがあります。

保証人が不要という手軽さや家賃が安いという条件だけで考えても、例えば1kの間取りのアパートに子供を複数連れて入ることはできません。

まとめ

  • 公営住宅は一人親世帯を優先的に入居させてくれることが多い。
  • 民間であってもシングルマザーを歓迎してくれている物件がある。
  • 保証人や礼金等が要らない賃貸物件もある。

一口に「シングルマザー」と言っても、収入や預貯金等、世帯の状況はそれぞれに違いがあります。

また、子供の数や年齢にも差があります。

離婚直後には家財道具等の購入費も嵩み、生活が困窮してしまう可能性があります。

離婚後は一刻も早く新生活をスタートさせたいものですが、失敗しないためにも腰を据えてより良い物件を探しましょう。