昔は夫婦間の暴力沙汰は夫婦げんかの一つとして考えられていましたが、今ではドメスティックバイオレンス、通称DVと呼ばれ、離婚事由になるばかりか、立派な暴行・傷害罪として訴えられることもあります。

ここでは、DV行為を行う夫と離婚する際に注意する点を説明していきます。

DV行為を行う夫との離婚は困難?


DV行為を行う夫はなかなか離婚を承諾しないことが多いようです。

その理由はDV夫と離婚の話し合いをしようとすると夫が逆上し、さらなる暴力を受けることがあるからです。

夫の暴力から身を守るために、まずは別居をすることが賢明な方法です。

その後に弁護士などしかるべき第三者を代理人として、慰謝料や親権などの交渉を依頼することをおすすめします。

夫のDV行為が原因の離婚問題は、話し合いによる協議離婚で終わる可能性は低く、離婚調停や裁判までもつれ込むケースが多いようです。

離婚問題が調停や裁判に発展した場合、第三者から見ても明らかに暴力行為があったとわかる証拠があると、離婚の調停や裁判がスピーディーに進みます。

どのような物が証拠になり、どのような行動が離婚に有利に働くかをきちんと把握しておきましょう。

離婚調停や裁判といった事態になったときのために、DVと離婚問題の知識をきちんと身に着け、自分自身に有利な条件で離婚できるように準備しましょう。

DV夫との離婚を成立させるための準備


DV行為を行う夫と親権や慰謝料などの条件を有利に離婚するためには、夫がDVを行っていたという証拠が必要です。

夫から暴力を受け、怪我をした場合には、すぐに医師の診断を受け、診断書を発行してもらいましょう。

それ以外にも、夫がDV行為を行っているときの音声の録音記録や、日記にどのようなDV行為を受けたかをなるべく手書きで書き記したもの、DVにより荒らされた室内の写真フイルムカメラで撮影しておくことなどが、DVの証拠となります

日記や写真をアナログな方法で記録することの理由は、アナログデータのほうがデジタルデータよりも改ざんしにくいため、証拠といての信用性が高まるからです。

そのような方法で集めた証拠が十分に集まったら、預金通帳や印鑑、身分証明書などの貴重品を持って、別居を行い、それ以上の夫の暴力による被害から身を守りましょう。

DV夫に対する離婚話の切り出し方


日常的にDV行為を行っている夫に、二人きりの状態で離婚話を切り出すことは大変危険です。

そのような方法で離婚話を切り出すと、夫を逆上させ、さらなる暴力を受ける可能性が高いからです。

夫のDVの証拠集めの後、貴重品を持って家を出て、夫に居場所を知られないところで別居する必要があります。

もし、実家などに戻った場合には、夫が実家に押しかけて暴力をふるう可能性があるからです。

そのように居場所を突き止められた場合には、集めた夫のDVの証拠を利用して、裁判所から接見禁止命令などの保護命令を出してもらいましょう。

この裁判所からの命令を破ると、犯罪になるので、夫が妻の別居中の住まいに近づくことができなくなります。

そして、離婚問題に強い弁護士を代理人に立て、慰謝料や親権についての条件についての話し合いを行うようにしましょう。

このような金銭が絡む離婚の問題に関しては、素人同士で解決することは難しいので、法テラスなどに相談して、適任の弁護士を紹介してもらいましょう。

まとめ

  • 夫との離婚の話し合いは必ず専門家を代理人に立てる
  • 夫のDVの証拠はなるべくアナログな方法で集める
  • 身の危険を避けるために別居を行う

ここまで、DV夫との安全な離婚話の進め方について説明してきました。

絶対に行ってはいけないのは、夫婦二人きりの状態で離婚話を切り出すことです。

証拠を十分に集め、身の安全の確保のために別居を行い、弁護士を間に立てて離婚の条件を話し合うようにしましょう。