不貞行為という言葉を聞くと、頭に浮かぶのは「不倫」や「浮気」といった言葉ですが、いったい不貞行為とはどのような行為をいうのでしょうか。

ここでは不貞行為の意味と、不貞行為を証明する証拠や慰謝料などについて説明していきます。

不貞行為とはどのような行為の事をいうのか


不貞行為とは法律用語で、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」と定められています。

ですので、不貞行為とは「配偶者以外の異性と性的関係を持つ」ことを指しますが、ここで大切なのが、その性的関係を持ったことが自由意志によるものであったかどうかという点で判断されるということです。

自由意志に基づかない、いわゆるレイプの被害にあった場合には不貞行為には当然該当しません。

しかし、夫がレイプの加害者であった場合には不貞行為と認められます。

また、キスや腕を組むなどの行為は性的関係とは認められず、不貞行為とは認められません。

不貞行為と認められないとは言っても、不貞類似行為として不当行為責任を問われ、慰謝料請求ができる可能性もあります。

それ以外に夫の不貞行為であるかどうかについてよく問題になるのが、性的サービスを行う風俗店の利用があります。

このような場合には不貞行為ではなく、不貞類似行為と判断されるケースが多いようです。

夫の不貞行為で離婚する場合に慰謝料はどれくらいもらえるか


夫が不貞行為を行った場合、夫とその不貞行為を行った相手に対して慰謝料の請求を行うことができます。

慰謝料を請求する場合には、どれぐらいの精神的苦痛を感じたかということが慰謝料の金額にかかわってきます。

ですので、夫の不貞行為を理由に離婚するほどの精神的苦痛を感じた場合には、慰謝料は高額になりますし、逆に精神的苦痛が離婚するほどではない場合には慰謝料は低くなります。

夫の不貞行為の期間が短かったり、離婚をしない場合の慰謝料の相場が100万円以下であるのに対して、夫が長期にわたり繰り返し不貞行為を行っていたり、不貞行為を行った相手との間に子供がいたりすると、不貞行為の程度が悪質であると判断され、慰謝料は300万円程度と高額になることがあります。

それ以外にも婚姻期間の長さや子供の有無、夫の資産状況などの条件により、請求できる慰謝料の金額は変わってきます。

夫の不貞行為を理由に離婚するために必要な証拠とは


夫の不貞行為を理由に離婚するには、第三者が見ても夫が不貞行為を行っていたと推測される証拠が必要になってきます。

証拠となりうるものを以下に挙げていきます。
  • 夫と不貞行為の相手が一緒に宿泊施設に入っていく、または出てくるときの写真
  • 夫が他の異性と不貞行為を行っていると推測されるLINEやメールのやり取り
  • 夫が他の異性と衣服を身に着けていない状態で撮られた写真
  • 夫婦で夫の不貞行為について話し合う際に夫が不貞行為を認める発言をした際の録音データ
  • 友人や第三者からの証言
一番確実な証拠は、夫が異性と衣服を身につけていない状態で撮影された写真です。

宿泊施設への出入りの際の写真ですが、その宿泊施設がたとえラブホテルであっても、滞在時間が極度に短ければ不貞の証拠としては弱いものになる場合もあります。

また、出入りした宿泊施設が一般的なホテルであれば、食事をしただけ、別の部屋に宿泊したなどの理由で不貞行為を立証することが難しくなるケースも考えられます。

夫の不貞行為を証明し、夫と不貞行為の相手に慰謝料を請求するには、小さな証拠でも漏らさず集めるようにしましょう。

まとめ

  • 不貞行為とは自由意志により配偶者意外の異性と性的な関係を持つこと
  • 不貞行為の回数や期間、婚姻年数などにより請求できる慰謝料が増減する
  • 夫の不貞行為のために離婚する場合は離婚しない場合より多く慰謝料を請求できる
  • 慰謝料を請求するためには夫の不貞行為の証拠を細大漏らさず集めておく

ここでは不貞行為と認められる基準と、不貞行為を行った際の慰謝料などについて説明してきました。

夫が不貞行為を行った際に請求できる慰謝料の額は妻が受けた精神的被害の大きさに比例すると言えます。

夫の不貞行為に対して夫と不貞行為の相手に慰謝料を請求するためには、第三者に不貞行為を証明するための証拠をきちんと集めておくようにしましょう。