夫の不貞行為を疑い、悩んでいる方も多いと思います。

ここでは不貞行為の定義など、どのような行為が不貞行為に当たるのか、不貞行為により離婚することは可能化の可ということについて説明していきます。

夫の不貞行為で離婚できるのか


夫の不貞行為に悩んでいる方は、少なからず存在します。

夫の不貞行為をきちんと立証することができれば、夫の有責で離婚することができ、夫と不貞行為の相手に慰謝料を請求することができます。

また、夫が不貞行為を働いていて、その不貞行為を立証できれば、離婚しない場合でも慰謝料の請求を行うことができます。

夫の不貞行為に対する慰謝料の金額は妻が受けた精神的苦痛に比例するので、離婚しない場合より、離婚する場合のほうがより多く慰謝料を請求することができます。

離婚をしない場合に請求できる慰謝料の金額が低いのは、「妻が受けた精神的苦痛が離婚するほど大きなものではない」と判断されるためです。

では、どのような行為を不貞行為というのでしょうか。

不貞行為に該当する行為を次の章で説明していきます。

不貞行為にキスは適用されるのか?


ほとんどの場合、夫が配偶者以外の異性とキスをすると、妻は「浮気」をしたと考えるでしょう。

しかし、法律の世界では、妻が単純に夫が「浮気」をしたと感じても、それを理由に離婚することはできません。

キスと同様に一緒に食事に行ったり、言葉やLINE、メールなどで相手に好意を伝えていても、これらの行為は法律が定める「不貞行為」には当たらないため、正当な離婚の理由にはなりません。

このような、「どこからが浮気か」という問題についてはあくまで男女間における倫理の問題なので、このような行為を理由に離婚しても、単純に「性格の不一致」とされる場合が多く、慰謝料が請求できることはほとんどありません。

極端な話をすれば、夫が他の女性とベッドの中で裸で抱き合っていても、「性交」に及ばなければ、不貞行為として扱うことはできないのです。

では、法律的に責任を問える「不貞行為」とは、いったいどのような行為をいうのでしょうか。

不貞行為の定義について次の章で説明していきます。

不貞行為とはどのように定義されているのか


「不倫」や「浮気」は単なる男女間において倫理的に問題になるだけで、必ずしも法律的な「不貞行為」当たるわけではありません。

法律用語としての「不貞行為」とは、「本人の自由意志により、配偶者以外の異性と複数回の性行為を行うこと」と定義されています。

単純に言えば、夫が妻以外の女性と複数回にわたって性交を行った場合に法律上の「不貞行為」が成立して初めて夫有責で離婚することができます。

以下の状態を「不貞行為」と言います
  • 既婚者である事
  • 不貞行為の当事者同士の自由意志において性交を行うこと
  • 同じ相手と2回以上性交に及ぶこと
ですので、キスや腕を組む、またはプラトニックな状態の恋愛関係などは不貞行為と認定されません。

また、よく問題になるのが、夫が性的サービスを行う風俗店などを利用した場合に不貞行為を問えるかというものがありますが、このような場合は夫が不貞行為を行ったと判断することができます。

しかし、性風俗店の利用が不貞行為に当たっても、一般の不貞行為と異なるのは、相手の女性に慰謝料の請求ができない点にあります。

また、夫の不貞行為の相手が夫が既婚者であると知らなかった場合にも、相手の女性に責任を問うことはできません。

まとめ

  • キスだけでは不貞行為にならない
  • 性交を伴わない浮気や不倫は不貞行為とみなされない
  • 不貞行為とは、既婚者が配偶者以外の異性と複数回性交を行った場合をいう

ここでは、不貞行為の定義を解説してきました。

世間一般でいう「浮気」や「不倫」と、法律上の「不貞行為」は違う事がお分かりいただけたと思います。

夫の行為が不貞行為に該当するかどうか、不貞行為の定義をきちんと把握してから判断しましょう。