旦那の不貞行為が発覚した時、離婚という選択肢を選ぶ場合があります。

その場合に旦那の不貞を立証するにはどのような証拠が必要なのか、また慰謝料の相場はどれぐらいなのかを解説していきます。

旦那の不貞行為で離婚できるか


旦那が不貞行為を行っている場合、旦那と離婚することができるのでしょうか。

回答から言えば、離婚することはできます。

しかし、そのためには旦那が不貞を行っていたという証拠をきちんと集めておく必要があります。

きちんとした証拠をそろえて離婚に臨めば、旦那と不貞行為を行っていた相手に対して慰謝料を請求することも可能です。

慰謝料は旦那が行っていた不貞行為がどの程度悪質であったか、旦那の不貞行為によってどの程度妻が精神的苦痛を受けたかによって金額が変わってきます。

旦那の不貞行為が発覚した場合に、何の準備もなく感情的になって離婚してしまうと、慰謝料が取れないばかりか、どちらの有責で離婚したかもあいまいになってしまいます。

旦那の不貞行為が原因で離婚する際には、離婚に向けてしっかりと準備をしておきましょう。

旦那の不貞行為により離婚する場合の慰謝料の相場はいくら?


旦那の不貞行為が原因で離婚する場合には、旦那とその不貞行為の相手に慰謝料を請求することができます。

前の章でも述べたように、一般的に慰謝料の額は不貞行為の悪質さと、妻が受けた精神的苦痛に比例して高額になります。

この慰謝料の金額を決める要因には次のようなものがあります。
  • 不貞行為により夫婦が離婚したか
  • 不貞行為の期間の長さ
  • 不貞行為の回数
  • 不貞行為の相手との同棲しているなどの深刻度
  • 結婚していた期間
  • 結婚期間中の夫婦関係の良好度
  • 子供の有無や人数・年齢
  • 不貞行為をされた側の精神的被害
  • 不貞行為を解決するために費やした費用
上記のような内容のほかに、不貞行為を行った旦那の年齢や地位、経済状況、以前にも不貞行為があったかどうかなどの内容も加味されて慰謝料の額が決まります。

上記のような内容で慰謝料の金額を算出した場合、夫婦が離婚した場合には一般的に100万円から300万円の慰謝料を請求できるケースが多いようです。

旦那の不貞行為により離婚する際に必要な証拠


旦那の不貞行為により離婚する際には、旦那側が有責で離婚することを第三者に証明する証拠が必要です。

離婚の際に慰謝料などの金銭が絡む場合には離婚調停や裁判にもつれ込む可能性もあるので、旦那の不貞行為を第三者である調停員や裁判官にきちんと証明ように証拠はできる限り揃えておきましょう。

旦那の不貞行為を証明する一番強い証拠は、写真や動画などの映像です。

不貞行為を行う旦那が相手と宿泊施設、特にラブホテルに出入りする写真などの画像は、かなり強い証拠となります。

写真を証拠として確保する際に気を付けたいのは、なるべくデジタルカメラではなく、フイルム式のカメラを使うことをおすすめします。

その理由は、デジタルデータよりフィルムの画像のほうが改ざんや加工が困難なため、より強い証拠となるからです。

画像以外の証拠としては、不貞を行った旦那とその相手とのメールやLINEでのやり取り、夫婦の会話の中で旦那が不貞行為を認める発言を録音した音声データなどがあります。

それ以外にも旦那の不貞行為を知る第三者の証言や不貞行為の裏付けとなる領収書やクレジットカードの明細など細かな物もあります。

まとめ

  • 旦那の不貞行為が発覚しても一時の感情に任せて離婚しない
  • 旦那の不貞行為を集めて第三者に不貞行為を証明できるようにする
  • 何が旦那の不貞行為の証拠になるかきちんと把握しておく

ここでは旦那の不貞行為が発覚した際に請求できる慰謝料の相場や、その証明に必要な証拠について説明してきました。

慰謝料の額は不貞行為や結婚期間に関するさまざまな要因で決まりますが、旦那の不貞行為の内容をきちんと証明できる証拠を持っているかどうかが正当な額の慰謝料を請求できるかどうかを左右します。

不貞行為の証拠をきちんと集めて、離婚に向けてしっかりと準備を行い、自分に有利な離婚条件を勝ち取りましょう。