配偶者が不貞行為を行い、それが原因で離婚した場合には、慰謝料を請求することが可能です。

では、配偶者の不貞行為の相手にも慰謝料の請求を行うことはできるのでしょうか?

ここでは配偶者の不貞行為の相手に慰謝料を請求するための方法を解説していきます。

不貞行為により離婚することができるか


不貞行為とは、一般的にいう「浮気」や「不倫」と異なり、きちんと法律によって定義されています。

不貞行為の定義とは法律用語で、「配偶者のある者が配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つこと」と定義されています。

この定義の中でいわれる肉体関係とは「性交」を意味するため、キスやハグ、腕を組むなどの行為は一般的に浮気と認識されることがありますが、このような行為を行っても不貞行為には該当しません。

しかし、夫が不貞行為を行った場合には夫の有責で離婚が可能で、また、離婚しなくても夫に慰謝料を請求することが可能です。

では、夫の不貞行為の相手に対して慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?

答えは一部の場合を除いて可能です。

ここでは夫の不貞行為の相手に慰謝料を請求する方法とそのために証拠になるものについて説明していきます。

不貞行為を行った相手に慰謝料を請求できるか


夫が不貞行為を行った場合、その不貞行為の相手にも慰謝料を請求することができます。

この場合の夫とは、婚姻届けを提出していないいわゆる「内縁の夫」の場合でも妻には同様に慰謝料を請求する権利があります。

しかし、夫とその不貞行為の相手の両方に慰謝料を請求しても、手にする慰謝料の金額が2倍になるわけではないことを覚えておく必要があります。

不貞行為に対する慰謝料は、夫と不貞行為の相手の2人で行った1つの不貞行為に関する慰謝料しか請求できないので、1つの不貞行為に対して発生する慰謝料を当事者の片方のみに請求するか、双方に請求するかの違いだけで、慰謝料の総額が変わることはありません。

しかし、不貞行為の相手に慰謝料を請求できないケースもあります。

それは不貞行為の相手が、夫が既婚者であることを知らなかった場合です。

このような場合には、不貞行為の相手がだまされた被害者という立場になってしまうからです。

不貞行為に対して慰謝料を請求するときに必要な証拠


夫の不貞行為の相手に慰謝料を請求するためには、第三者に夫とその相手が不貞行為を行っていたと証明できる証拠が必要になります。

一番強力な証拠は夫と不貞行為の相手が、室内で衣服を身に着けない状態で写っている写真や動画などの映像データです。

このような画像データがあれば、夫と不貞の相手に肉体関係があったことを一番容易に推測できるためです。

それ以外には夫と不貞相手のLINEやメールのやり取りのデータや、夫婦間で不貞行為の有無について話し合った際に、夫が不貞行為の相手に対する情報を話した時に録音しておいた音声データなどがあります。

また、夫とその相手が不貞行為を行っていた事を知っていた第三者の証言も大切な証拠となります。

前の章で夫が既婚者であると不貞行為の相手が知らなかった場合には、慰謝料の請求ができない可能性があると書きましたが、夫が既婚者であるということに気が付かなかったことに関して何らかの過失がある場合には、慰謝料の請求ができる可能性があるので、手に入れた証拠をきちんと精査しておきましょう。

まとめ

  • 夫の不貞行為の相手には慰謝料の請求ができる
  • 夫と相手の2人に慰謝料を請求しても、慰謝料の額が倍になるわけではない
  • 不貞行為の相手が夫が既婚者であると知らなかった場合には慰謝料を請求できないケースもある

ここまで、夫の不貞行為の相手に慰謝料が請求できるかどうかということについて説明してきました。

夫の不貞行為の相手に慰謝料の請求を行うことができますが、夫とその相手の双方に慰謝料を請求しても、手にする慰謝料が2倍になるわけではないことを覚えておきましょう。

また、夫の不貞行為の相手に慰謝料を請求する場合には、相手の情報を正確に把握しておくようにしましょう。