近年、子供がいても離婚を選択する夫婦は増加傾向にあります。

離婚の原因は様々ですが、特に旦那の裏切り行為が許せないという理由により、離婚を切り出すケースは少なくありません。

数ある裏切りの中でも、取り分け浮気が原因の場合は、夫婦の関係がこじれて話し合いが泥沼化することもあります。

なお、相手にはっきりと問題があって離婚する際は、慰謝料が請求できるケースもあります。

一人で子供を育てながら生活するためには、できるだけお金を集める必要があります。

妥当な慰謝料を旦那に支払わせるためにも、計画的に準備を進めていきましょう。

許せない!旦那の浮気で離婚を決意


言うまでもなく、夫婦とは正式に離婚することで他人になります。

しかしながら、離婚を切り出したタイミングで精神的には「他人のような関係」はスタートすると捉えておく必要があります。

パートナーに一緒にやっていく気がないことがわかれば、相手も自分に不利のないように離婚準備をするからです。

感情的に慌てて離婚を切り出してしまったために、旦那が弁護士等の力を借り、有利に事を運ぶことは充分に考えられます。

中には、浮気の証拠隠滅や財産隠し等をする相手もいますので、慎重に計画的に事を運ぶことが大切です。

子供を連れて離婚する場合は、今後の生活費を確保することが最重要課題となります。

一人親世帯の半数が「貧困世帯」になっている現状から考えても、お金の問題は極めて大切であることがわかります。

「浮気が原因で離婚する場合」離婚準備の留意点は?


旦那が浮気したか否かに関わらず、離婚をするためには様々な準備が必要となります。

まずは、準備事項を整理しておきます。

■離婚に向けて考えなければならない準備事項(例)
  • 持ち家や預貯金等の「財産分与」問題
  • 子供の「親権」問題
  • 「慰謝料」問題
  • 新居探しと引っ越し
  • 戸籍の選択(妻が新しく戸籍を作成するか、両親の戸籍に戻るか)
  • 子供の姓(苗字)の決定

親権を取った場合は、離婚成立後も様々な準備に追われることになります。

家庭裁判所に子供の姓の変更申請書を出す、子供を自分の戸籍に入籍させる、転校手続きをする等が取り急ぎの準備となります。

他には、シングルマザーとしての生活の支えとなる、「児童扶養手当」の申請や、健康保険証の申込み等も考えなければなりません。

慰謝料問題に取り組みながらも、同時並行で他の準備の方法について調べておくことが大切です。

離婚で慰謝料が欲しい!浮気の証拠は必要?


旦那の浮気に気づいたときは、感情的に行動せず、まずは相手の行動を観察することが重要です。

慰謝料を払わせるためには、浮気相手との間に「肉体関係があった」証拠を掴む必要があるからです。

裁判所は、配偶者が他の異性と自由意思に基づき性的関係を持つことを、不貞行為と定義づけています。

つまり、裁判で慰謝料問題に決着をつけるためには、旦那が相手と性的な関係を持ったという証拠が必要なのです。

もしも旦那が相手との関係について、正直に事実を証言すれば慰謝料を取ることも可能です。

不貞行為の慰謝料は、「事実」もしくは「証拠」を掴まなければならないことを知っておきましょう。

まとめ

  • 離婚の準備は慎重に進めることが必要である。
  • 一人親世帯の半数が「貧困世帯」である。
  • 子供を連れて離婚する際は準備事項が多岐に亘る。
  • 離婚後も様々な準備に追われることを理解する。
  • 不貞行為で慰謝料を得るには「事実」か「証拠」を押さえなければならない。

先に述べた通り、旦那の不貞行為が原因で慰謝料を請求する際には、確実な「事実」か「証拠」を掴む必要があります。

しかしながら、個人的に旦那を問い詰めるという方法では、相手が事実を認めて証言する可能性は極めて低いものです。

また、「証拠」を掴むとなれば事態はさらに難しくなります。

通常の生活や子育てを抱えながら、旦那の行動を監視したり、証拠を掴むことは不可能であるケースがほとんどでしょう。

不貞行為の証拠を押さえるためには、プロの力を借りるのが一般的と言えます。

計画的に慰謝料問題を進めていくためにも、裁判所や弁護士事務所等のホームページを参考にすることをお勧めします。