信頼関係で成り立ってきた夫婦関係が、一瞬で崩れ去る要因の一つとして「浮気問題」があります。

特に、長年専業主婦として、結婚後の自分の時間を家族だけに捧げてきた女性にとって、浮気という裏切りは何よりも辛いものでしょう。

しかし、子供の親権を取って離婚を望むのであれば、感情的に旦那を問い詰めることはお勧めできません。

慌てて話を持ちかければ、旦那も自分の身を守るために行動を開始する可能性が考えられます。

中には、浮気の証拠隠しや預金通帳等の財産隠しをするケースもあります。

ここでは、旦那の浮気に気づいたときどう行動していけば良いかをご紹介します。

「旦那の浮気が許せない」離婚を切り出すタイミング


まずは浮気が原因で離婚する際の、基本的な知識を整理しておきます。

浮気は「不貞行為」として、婚姻関係にある場合は許されない行為であると認識されています。

条件さえ整えば、配偶者及びその相手に対し「慰謝料」を請求することができます。

裁判所では、不貞行為とは「配偶者以外の異性と自由意思に基づき、性的な関係を持つこと」と定義づけています。

異性と二人で会っている、頻繁にメールが来る程度のことでは「不貞行為」として認められないことを、まずは理解しておきましょう。

先に述べさせていただいた通り、相手が「預貯金等の財産」や「不貞行為の証拠」を隠す可能性もあります。

離婚の話を切り出す前に、最低限の準備として「財産の把握」と「不貞行為の証拠押さえ」はしておきたいものです。

夫名義の預貯金、妻名義の預貯金、マイホームも「財産分与」の対象となります。

マイホームの時価も含めて、財産がいくら位あるのかを把握するのは、数ある離婚準備の中でも急務となります。

「旦那の浮気で離婚」証拠は必要?


ここでは、不貞行為に関する「証拠」について解説します。

夫に不貞行為があり、それに対して慰謝料を請求したい場合は、確実に「事実」もしくは「証拠」を押さえなければなりません。

不貞行為とは、浮気相手との間に「性的関係を持つこと」と定義づけられています。

つまり、旦那が浮気相手と性的関係を持ったという「事実」あるいは「証拠」が必要なのです。

しかしながら、多くの場合、相手が不貞行為の「事実」を正直に洗いざらい証言することはありません。

正当な慰謝料を取るためには、やはり「証拠」を掴むことが確実だと言えます。

なお、性的関係を持ったという証拠を個人が掴むことは極めて困難です。

弁護士事務所や探偵事務所のホームページを参考にしながら、プロの力を借りることも視野に入れて計画を練りましょう。

「旦那の浮気で離婚」必要な準備は?


旦那の不貞行為が原因で、子連れで離婚を決意した場合は、どんな準備が必要かを紹介します。

■必要となる離婚準備(例)
  • 慰謝料問題
  • マイホームや預貯金等の財産分与問題
  • 親権問題
  • 養育費問題
  • 妻の戸籍の選択(新たに戸籍を作る・両親の戸籍に戻る)
  • 子供の姓(苗字)の変更の問題
  • 新居の確保と引っ越し
  • 子供の転校
  • その他生活費の確保

離婚の準備の中でも、お金の確保は重要な問題です。

慰謝料や養育費を確実に旦那に支払わせること、もらえる財産はしっかりもらうことが必要です。

多くのシングルマザーの生活が困窮していることから考えても、お金の確保は離婚準備の要と捉えることが必要でしょう。

現在、一人親世帯(母子・父子世帯共)の半分が貧困世帯となっていることを認識しておきましょう。

まとめ

  • 不貞行為で慰謝料を請求したい場合は「事実」か「証拠」が必要となる。
  • 確実な証拠を掴むのは個人では困難であることが多い。
  • 様々な離婚準備の中でもお金の問題は重要である。
  • 離婚後に貧困世帯にならないために、もらえるべきお金をしっかりもらうことが必要である。

政府では、世帯年収が122万以下の場合を「貧困世帯」と指定しています。

一人親世帯の約半数が貧困世帯であるのは先に述べた通りですが、年収が122万を超えていても生活が苦しい家庭はたくさんあります。

離婚準備の段階でお金をできるだけ多く確保するのはもちろんのこと、離婚後は様々な支援制度を活用することも考えておきましょう。

「児童扶養手当」「住宅手当」「医療費助成制度」「就学支援制度」等をインターネットで調べ、役所にも相談することをお勧めします。