熟年離婚を行う時に、妻の苗字を旧姓に戻すかどうか、悩む方もおられると思います。

ここでは、妻の苗字を旧姓に戻すかどうか、子供の苗字はどうするかといった熟年離婚後の苗字について説明していきます。

熟年離婚で苗字を変える


熟年離婚後、妻の苗字を旧姓に戻すかどうかは本人にとっては非常に大きな問題になることがあります。

熟年離婚の場合には、旧姓より夫の苗字を長く名乗り続けていたため、なじみがある苗字を変えがたい反面、嫌で別れた夫の苗字を名乗ることに嫌悪感を感じ、感情的に板挟みになるケースもあります。

また、子供たちなどからそのままにしておいてほしいといった希望が伝えられることもあります。

さらに旧姓に戻すことで、身分証明書や通帳、その他の名前の変更を行わなければならず、この手続きが面倒だと感じることもあります。

夫の姓をそのまま名乗るか、旧姓に戻すかはかなり周囲の声もあって、かなり迷われる問題だと思います。

次の章では妻の苗字を旧姓に戻した場合のメリットとデメリットについて説明していきます。

熟年離婚で妻の苗字は変たときのメリットとデメリット


妻が夫の苗字を名乗り続けるか、旧姓に戻すかを決めることができるのは、基本的に離婚をするときだけです。

妻が苗字を旧姓に戻した場合、免許証、クレジットカード、預金通帳など、たくさんの物を名義変更する必要が出てきます。

また、苗字が変わった理由を周囲の人に詮索されたり、あれこれと噂になることも覚悟しておかなければなりません。

成人している、いないに関わらず、子供から苗字を変えることを反対されるケースも少なくありません。

熟年離婚する妻の中にはこのような面倒を嫌って夫の苗字のままで生活する人も多いようです。

しかし、苗字が変わらないままでは、離婚して心機一転といった気分になりにくいのも事実です。

苗字を旧姓に戻し、新居に引っ越すことで、新たな気持ちで新生活を始めることができるでしょう。

夫と同じ苗字を名乗るのが嫌だ、というほどこじれた状態で熟年離婚した場合には、苗字を旧姓に戻すことで、精神的にも夫のしがらみから逃れることができるでしょう。

熟年離婚の場合子供の苗字は変えるべき?


熟年離婚をする際に、子供の苗字は親権者と同じ苗字に変更しなければいけないのでしょうか?

子供の苗字は必ずしも親権者である母親と同じである必要はないので、夫側の苗字を名乗り続けることも可能です。

在学中に苗字が変われば、この場合も周囲から不審な目で見られたりするので、在学中はそのまま夫側の苗字にしておいて、卒業時などの節目に母親の旧姓に改姓することもできます。

子供の苗字は、裁判所に届を出せばいつでも変えることができるので、子供の苗字を母親と同じにするならば、最適なタイミングを見計らって手続きを行いましょう。

子供が成人している場合には、親権は夫婦のどちらにもありません。

ですので、夫と妻どちらの戸籍に入り、どちらの苗字を名乗るかは子供が自由に決めることができます。

それ以外にも、子供が独立して自分を世帯主とした戸籍を作ることができます。

子供がすでに結婚している場合には、すでに戸籍は別になっているので、特に手続きをする必要はなく、親の熟年離婚には関係なくそのままの苗字を名乗ることになります。

まとめ

  • 熟年離婚後に妻が旧姓に戻すと面倒な手続きが多い
  • 周囲の詮索を逃れるためなどの理由で夫の姓で通す人もいる
  • 未成年の子供の苗字はいつでも変更可能
  • 子供が成人している場合には自分で夫婦のどちらの戸籍に残り、どちらの苗字を名乗るか選べる
  • 子供が結婚している場合には、すでに戸籍は別なので苗字は変わらない

ここまで、熟年離婚後、妻の苗字にまつわることを説明してきました。

熟年離婚後は、そのまま夫の苗字で通す人も多いようですが、気持ちの問題から、面倒な手続きを行っても旧姓に戻す人も少なくありません。

また、子供が未成年の場合には親権者の苗字に変えるかどうかという問題が出てきますが、子供が成人していれば、苗字を自分で選択することができ、結婚している場合にはそのままの苗字で過ごすことになります。