さきさん 33歳からの投稿

長い交際期間を経て結婚しました。

3年ほど同棲していたので、結婚と言っても書類を提出しただけといった状況だっかもしれません。

同棲期間も長かったため、良く言えば落ち着いている。

悪く言えば冷めた関係だったかもしれません。

セックスレスをきっかけに関係が険悪化

主人はセックスを求め、私が拒否するという関係が交際中からずっと続いていました。

セックスレスをきっかけに主人は気分を害し、男性としての自信をなくしてしまったようです。

どうしても拒否されるので、主人なりの解決策が、妻に関心がいかないように努めるというものでした。

そうすれば、性欲も湧かないし、妻に迫って拒否されることもない。

悲しい気持ちになることもないという理由だったようです。

セックスレスに関して、何度も話し合いましたが、解決には至りませんでした。

離婚を考え始めたきっかけ

夫は妻が、誰とどこで何をしているか問う事もなく、新しい髪形や服装をしても、全く関心がなくなってしまったようです。

浮気や、外で済ます事ができるような人ではなかったので、どうすることもできなくて辛かったと思います。

ある日、私が子宮の手術をする事になりましたが、それに関しても無関心でした。

子宮のどの部分がどういう状態なのか問う事もなく、手術当日も一人でむかいました。

帰宅後、手術のせいで熱があったのですがご飯はまだかと言われ、いよいよ離婚を考え始めました。

離婚まで3年考えました

お酒、タバコ、ギャンブルもせず、給料を預けてくれて、まっすぐに帰宅する夫。

妻に無関心なこと以外は恵まれているように感じました。

こんなことで離婚していいのか。

私のワガママなのではないか。

しかし、夫という人がいても、一緒に暮らしていても、常に一人ぼっちな気分で孤独でした。

ケガをしても病気をしても無関心なのは、夫婦としてどうなのかを何年もずっと考えました。

今後、一緒に老後を迎える覚悟ができずに離婚となりました。