にんさん 32歳からの投稿

同窓会に参加することにより久しぶりに再会しなぜかお互いに惹かれて交際を始め、学生時代の同級生同士で結婚するも、結局離婚。

旦那の父は早くに亡くなっており、結婚生活は旦那の母と同居でした。

転職が多い旦那でしたが、共働きで細々と生活していました。

転職が多く収入が安定しない旦那と息子に甘い母

義母との同居生活というのは経験者ならわかるはずですが想像以上にストレスが溜まります。

嫁は他人であり、元々好かれている気はしませんでした。

共働きであっても家事を手伝ってくれることはほとんどありません。

嫁には厳しい態度をとる一方、自分の息子がどんなに責められるべき行動を取ろうと擁護するのがこの母親です。

度重なる転職や夜遊びで帰宅が遅くてもお咎めなしです。

嫁は一緒に住んでいるものの、家の中では息子と母親の空間で、そこに他人が入ってきたような感じでした。

甘やかしは取り返しのつかない事態に・・・離婚へ!

休日の外出や夜遊びではパチンコに行くことが多かったらしく、家族の知らないうちに莫大な借金を抱えていました。

催促の電話が頻繁にかかってくるようになり発覚し、旦那は忽然と家からいなくなってしまい大騒動になることもありました。

心配で寝られない夜が続きます。

結局元気で家に帰ってきたのは良かったですが、旦那の母親は相変わらず旦那の擁護ばかりです。

呆れながら旦那とこれからのことを話し合いたかったけれども旦那が一方的に離婚を切り出してきました。

好きだからやり直したかった・・・でも旦那が選んだのは母親

どんなに苦労しようと旦那のことが好きだという気持ちに嘘はありません。

だからやり直したいという気持ちもあり、将来のための自分の保険を解約したり、独身時代の貯金を全部使って借金も返済しました。

もう一度頑張ろうと思ったが、旦那の口から出た言葉は「もうお前がいる生活は嫌だ」の一言でした。

つまり、妻より母親が良いというわけです。

離婚届けを提出しても尚、まだ希望があるかもしれないと思って年金分割手続きもしませんでした。

旦那にはお金がないので慰謝料の要求ももちろんしません。

離婚して一人になった今の自分は必死に働いて何とか生活できています。