モラハラ夫と決別を決めたあなた。

こっちは理不尽な被害を受けたんですから、ちゃんと慰謝料を貰って離婚したいですよね。

もちろんモラハラによる離婚には慰謝料が認められますから、しっかり準備していきましょう。

この記事では慰謝料の相場や、金額が左右される評価の項目、そしてきちんと慰謝料をもらうために使える証拠はどんなものなのかを見ていきます。

モラハラ夫との離婚で慰謝料をもらうのは、少し骨が折れる


妻側としては、精神的ダメージやせっかくの婚姻関係の破綻といった被害を受けているので、相手がしっかり慰謝料を払うのが筋だと考えます。

もちろん慰謝料は取れますが、モラハラ夫は自分の非を認めないので、慰謝料の取り決めはかなり難航することが多いようです。

そもそもモラハラは主観的なもので、人によって受け取り方が変わります。

モラハラをしている本人はもちろんそれが問題だとは思っていませんから、妻の主張を跳ねのけることがほとんど。

自分が納得していないものに慰謝料を払うはずがありません

それどころかまた妻を攻撃して話し合いは難航…結局、調停や裁判で決着をつけることになるケースが多いのです。

そしてそこでも調停員や裁判官に自分の受けた目に見えない被害をしっかりと説明して分かってもらわないといけません。

なかなか面倒なプロセスですね。

モラハラで離婚する場合の慰謝料の相場って?


モラハラによる離婚の慰謝料は、50万~300万ほどが相場だと言われています。

ずいぶんと額に開きがありますが、これは両者の状況や、どの程度モラハラがひどかったかによって変わるようです。

考慮される項目は、大まかに分けて

  • モラハラを受けていた期間・程度
  • モラハラによって精神疾患を患ったかどうか(精神科医による診断書があるか)
  • 相手の経済力

  • の3つ。

    最後の「相手の経済力」って、受けた精神的ダメージに関係ないんじゃ…って思いますよね。

    相手にお金がないからって受け取るべき慰謝料の額を減らされたら納得行きませんが、そういう事ではないようです。

    この項目が発動するのは夫に経済力がある場合がほとんど。

    「払えるんだったらもう少し払ってあげてね」といった感じで慰謝料の上方修正がされる事があるようです。

    モラハラで離婚する時、集めるべき証拠は?


    調停や裁判を通して慰謝料をしっかりもらうためには、あなたの受けたモラハラをしっかり証明しなくてはいけませんよね。

    モラハラは個人個人で受け取り方が違うため、証明するのにはコツがいります。

    「夫が○○と言った」という客観的な事実だけでなく、それを受けて自分がどう思ったのか、というあなたの主観が伝わる事が大事です。

    一番効力があると思われるのは、夫の言動によってあなたが精神的ダメージを受けた事が分かるような精神科医による診断書

    そこまでいかなくても、スマホの録音機能などを使って夫の言葉を残し、それに対してどう思ったかなどの日記やメモを残す程度でも十分証拠になります。

    周囲の人が夫のモラハラを知っているのなら、供述書を書いてもらうのもいいかもしれません。

    あなたがどれだけ被害を受けてつらいのか、第三者に理解してもらうことを意識しましょう。

    まとめ

    • モラハラ理由での離婚は、慰謝料をもらうのに骨が折れる
    • 慰謝料の相場は50~300万、モラハラの程度や相手の経済力によって変わる
    • 証拠はあなたの受けたダメージが第三者に伝わるようなものを

    慰謝料に関して、夫に理解を期待するのは無駄。

    よってこの額の決定は、間に入ってくれる調停員や裁判官などにあなたの被害状況がどれだけ伝わるかがカギとなります。

    しっかり最大限の額を受け取るには、あなたの受けた精神的苦痛をきちんと理解してもらうこと。

    夫婦の状況を知らない人にも伝わりやすいような証拠集めを頑張ってくださいね。