なかなか大きな声で語れないのが、セックスレスの問題です。

実際離婚しているカップルのうち、セックスレスが原因のケースってどれくらいあるのでしょうか?

「セックスを拒むのは妻」というような世間的なイメージが根強いですが、夫が拒否しているケースも意外と多いようです。

夫原因のセックスレスで離婚に踏み切る場合、慰謝料をもらうことももちろん可能。

以下で細かく見て行きましょう。

セックスレスによる離婚の確率って?


裁判所が公表している司法統計では、離婚の原因に「セックスレス」という項目がないのではっきりした確率は分かりません。

ですが離婚申立の理由に「性の不一致」という項目があり、28年の統計では、夫からの申立の約13.3%、妻からの申立の約7.2%がここに入っています。

(ただしこの項目は性に関する他の要因、例えば異常性欲や不妊なども含まれるので、ここでのセックスレスの正確な割合は不明です。)

さらに、なかなか第三者の前で言いにくいと感じる人が多い話題でもあるので、「性格の不一致」という項目で濁すこともあるでしょうし、 セックスレスで浮気が併発している事もとても多いので、「異性関係」あたりにも分布していると考えられます。

セックスレスが絡む離婚の実際の数はもっと多いのではないでしょうか。

筆者の完全な予想ですが、司法統計情の数字や色々なケースを見た印象では、離婚全体の1割程度ではないかと思われます。

夫が原因のセックスレスは珍しくない


世間一般では「出産後に妻が相手をしてくれない」と妻が原因のセックスレスはよく知られているように感じますが、夫が原因のセックスレスに悩んでいる妻も多いんです。

夫がセックスレスの原因になるケースは、

  • 妻に興味をなくした
  • 性的な事に元々あまり興味がない
  • 家庭の外に別の相手がいる
  • 以前妻に拒否されたことを根に持っている

  • といった事が考えられます。

    大手質問掲示板などでも、セックスレスに悩む妻の相談は山ほど溢れています

    その殆どが、話題が話題ゆえに夫とも話し合いにくい、他の人にも相談しにくい、こんな理由で離婚していい物なのか…といった悩みも同時に抱えています。

    以前はこういった掲示板などもなかったのでただ耐えている女性も多かったですが、こういった掲示板の存在でどんどん認知度が上がってきており、今後こういった声はさらに増えて行くのではと思います。

    セックスレスによる離婚、慰謝料はどうなる?


    セックスレスが理由で離婚する場合、慰謝料の請求はできます。

    大体、相場は100~300万円だそう。

    この額は、セックスレスの程度や相手の浮気の有無、経済力や婚姻期間など、いろいろな条件を考慮して決められます。

    ただし注意したいのが、セックスレスだからそのまま相手の非が認められる…とは限らないということ。

    セックスレスに至る原因は、上の項目でも書いたように、さまざまです。

    妻に手ひどく拒否されたことがトラウマとなっていたり、激務やストレスでED気味になっていたりする場合、一概に夫が悪いとも言い切れません。

    また、どちらも誘わないまま自然に夫婦生活がなくなった場合など、「したいという意思表示がなかった場合」も離婚の理由として認められないので、慰謝料も認められないということになります。

    まとめ

    • セックスレスによる離婚の確率ははっきりした統計がないものの、離婚全体の約1割くらいか
    • 夫原因のセックスレスに悩む妻は意外と多い
    • 夫に非がある場合、慰謝料は認められる

    司法統計など公の資料でははっきり言及される事のない、「セックスレスが原因の離婚」。

    匿名の大型掲示板では本当に多数の相談が寄せられており、人知れず悩んでいる人がかなり多い事をうかがわせます。

    拒否しているのが夫でも、その理由は完全に夫原因ではない場合もあるので注意が必要ですが、理不尽なセックスレスの場合はしっかりと慰謝料を請求することが可能です。

    さっぱりと清算して、新しい人生に向かいたいですね。