年金分割は専業主婦にとって心強いシステムですが、単純に「夫の年金の半分をもらえる」というわけではありません。

年金分割には2種類あったり、厚生年金しか対象じゃなかったりと、少しばかり分かりにくい制度です。

この記事では2種類の年金分割の違いや、対象になる期間の見方、実際に貰える額はどのくらいになるのかを調べる方法などをまとめたので、いっしょに少し勉強してみましょう。

離婚における年金分割とは?


年金分割とは、離婚後に夫が受け取る年金を妻にもわけるようにする制度のことです。

熟年離婚が増加した頃、退職後に年金を受け取れる夫に対して、収入がなく経済的に困窮してしまう妻のために作られました。

そもそも財産分与の定義は「夫婦が共同で築いた財産を分ける」ことですから、家庭で夫を支えていた妻が年金を受け取れないのは不公平だ、という意見が以前からあったようです。

この制度はまだ比較的新しく、平成19年の4月から始まったもの。

まだ10年も経っていないんですね。

年金分割制度には、合意分割と3号分割の2種類があるので、状況によって使い分ける必要があります。

1つ注意点としては、年金分割の対象は厚生年金のみに限られるということ。

夫が自営業だったりして厚生年金に加入していない場合には、残念ながらこの制度は利用できません。

離婚における年金分割の計算方法は?


年金分割は協議離婚(調停や裁判などをしない、一般的な離婚)であっても、割合を完全に自由には決められません。

上で紹介した2つの制度はそれぞれ、

  • 合意分割 … 婚姻期間中にお互いが加入していた厚生年金が対象。双方の合意のもと、最大で半分が受け取れる
  • 3号分割 … 平成20年4月以降の第3号被保険者期間(厚生年金を払っている夫の妻だった期間)の分を、強制的に半分受け取れる

  • という違いがあります。

    両方とも、婚姻期間の厚生年金のみが対象

    専業主婦なら3号分割がいいですが、こちらの制度が開始した平成20年4月以前の分は対象にならないので、それ以前に婚姻関係が始まっている場合は、合意分割と合わせて申請する必要があります。

    また、自分自身が厚生年金に加入している場合はそちらも分割対象となるので思ったより額が取れなかったり、逆に自分の分が減る事になったりすることもあるので、注意が必要です。

    離婚における年金分割の相場ってどのくらい?


    強制的に分割する3号分割の相場はもちろん半分ですが、合意分割はどうでしょうか。

    合意分割なら、双方の同意があれば最大半分までの分割割合を自由に決められます

    とはいえ裁判などの判例を見ると、こちらもやはり相場は半分のよう。

    財産分与の一部と考えれば当然の結果ですね。

    実際にどれくらいの額がもらえるのかについては、家庭によって変わります。

    50歳以上なら年金事務所に行けば実際の自分の取り分を計算してもらえるそうなので、相談してみるといいですよ。

    50歳未満だと年金事務所には断られてしまいますが、専業主婦なら夫のねんきん定期便から大体の金額を試算する事ができます

    まずは(夫が務めている期間のうちの)結婚年数を、夫の勤続年数で割って割合を出します。

    その割合とねんきん定期便に書かれている「これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額」という欄の数字を掛け算

    その額を、半分にした額をさらに12で割ったものが、月々のおおよその取り分になります。

    大体、一般的な年収で20年位の婚姻期間があれば、月3~8万円くらいになるようです。

    まとめ

    • 離婚における年金分割は、厚生年金のみが対象
    • 合意分割と3号分割がある
    • 共働きの場合は、自分の厚生年金と合わせて計算される
    • 年金分割の相場は、半分

    年金分割を理解する上でのポイントは、厚生年金のみが対象であること、共働きの場合は両者の年金が対象となること、婚姻期間のみが対象になることです。

    ありがたい制度ではありますが、対象が限定的なため、「思ったよりもらえなかった…」なんて声もよく聞きます。

    実際にどれくらいになるのかを計算してみて、離婚に備えていってくださいね。