離婚する時に夫の年金を分割して受け取れるこの制度は、専業主婦だった人にはとてもありがたいものです。

せっかくの権利なのですからしっかり受け取りたい所ですが、自動的にもらえるわけではなく、手続きが必要。

そして、その手続き自体もいつでもできる訳ではないんです。

せっかくの機会を逃さないためにも、この記事で年金分割の手続きはいつからいつまでの間で可能なのかを見て行きましょう。

離婚における年金分割は、請求しないともらえない


年金分割には、自分たちもしくは調停や裁判で割合を決める合意分割と、強制的に二分割される3号分割の2つがあります。

2007年の4月に始まったものなので、まだ完全には浸透しておらず誤解される事も多いのですが、この制度は自動的に適用されるわけではありません

「自動的にもらえると思っていたらもらえず、気づいた時には手続きの期間が過ぎてしまっていた…」という悲劇も意外とあるようです。

自分に必要だと思ったら、自主的にしっかりと手続きをする必要があるんですね。

2008年4月以降に結婚した専業主婦の方は3号分割、それ以外の方は合意分割になります。

どちらか一方、または状況に応じて両方を選んで、忘れずに年金分割の請求を行いましょう

離婚時の年金分割の手続きは、いつから可能?


年金分割の手続きは、離婚が成立したあと、つまり離婚届けを提出した後にならないと出来ません。

とはいえ準備自体はいつからでも出来るので、離婚したタイミングですぐ請求が出来るようにしておきたいですね。

手続きの始めはまず額の確認からかと思いますが、50歳以上なら年金事務所に行けば実際の額を教えてもらえます。

50歳以下の方は、面倒ですが夫のねんきん定期便にある数字を使って計算することで大体の金額を把握出来ますよ。

また、協議離婚(調停・裁判などをしない、一般的な離婚)で合意分割を行う場合は、夫婦で割合を話し合っておく必要もあります。

その後、合意書を作ったり戸籍謄本など必要書類を集めたりと、意外と手間がかかるもの

こういった準備を離婚の準備と並行して行えば、年金分割の請求ができる離婚直後に手続きができ、スッキリと別れることが出来ますね。

離婚時の年金分割はいつまでにやればいいの?


離婚届を出した翌日から2年経つまでは、年金分割の請求をすることが出来ます。

とはいっても、早く手続きをするにこしたことはありません。

離婚するということは他人になるということですから、当然連絡も取らなくなりますし、最悪連絡がつかなくなることだってあり得ます。

離婚でごたごたしているから、あとでいいや~と思っていると、手続きしたくても出来ない…なんてことになりかねません。

例外としては、2008年の4月以降に結婚した元専業主婦の場合は、相手の承諾がなくても3号分割制度を使って1人で手続きが出来ます

それ以前に結婚している場合や妻が第3号被保険者ではなかった場合、連絡が取れなくなってしまっていたら請求は難しく、悔しい思いをするかも…。

ただこの場合でも2008年4月以降の分は請求出来ますので、せめてもの…という事で手続きをしてくださいね。

どちらにしても、後々に伸ばすよりは離婚のタイミングで片付けてしまうのが一番です。

まとめ

  • 年金分割を受けるには、必ず請求手続きが必要
  • 年金分割の請求は、離婚届を出してから可能になる
  • 準備自体は早めにやっておくのがオススメ
  • 年金分割の手続きの期限は、離婚した次の日から数えて2年

離婚した後の老後資金の不安を少し解消してくれる、年金分割の制度。

絶対に逃したくないですよね。

忘れずに請求の手続きをして、しっかり受け取れるようにしてくださいね。

離婚してからしか請求は出来ないとはいえ、準備に早すぎる事はありません。

離婚の時はバタバタして忙しいですが、後からまた色々調べるのも気が滅入るものです。

早めに手続きの流れや必要書類などを確認し、準備しておきましょう。