妻が離婚を考えたときに、夫にどのようにして離婚を切り出せばよいのでしょうか?

間違った方法で離婚を切り出してしまうと、夫を逆上させ、夫が意固地になってしまい、離婚話がこじれてしまう可能性があります。

ここでは、離婚の話し合いをスムーズに行う方法を説明していきます。

夫と離婚しても言えない妻


離婚の理由として最も多いのが「性格の不一致」です。

「性格的に合わない」、「一緒にいて心が安らがない」、「愛情を感じられなくなった」などの理由がこれに当たります。

このような小さな不満が積もり積もって妻が離婚を決意することが多いようです。

これ以外に夫のさまざまな形のDVや浮気などに耐えかねて妻が離婚を考えるケースもあります。

どのような理由で離婚を考えているにしても、夫が妻の希望をすんなり受け入れてくれることはほとんどありません。

逆に離婚話を切り出したときに、激高され罵倒されたり、暴力を振るわれる可能性もあります。

このような離婚話を夫に切り出したときの態度を恐れて、夫に離婚を切り出せない妻も多いようです。

また、妻が専業主婦である場合には、離婚後の生活に不安を抱くことから、夫に不満があっても離婚を切りだせないこともあります。

妻が夫に離婚を切り出せない理由は人それぞれと言ってよいでしょう。

離婚話の上手な進め方


離婚を進める時には、まず話し合いから始めなければなりません。

妻がどのような理由で夫と離婚したいと思っているかをきちんと夫に理解してもらう必要があります。

日本における離婚の約9割は話し合いによる離婚、いわゆる協議離婚です。

DVなどの夫側の落ち度がない場合には、妻側の離婚したいという意思を夫に理解してもらうために辛抱強く話し合う必要があります。

どうしても夫側の同意が得られない場合には、先に別居してしまい、妻が離婚を望んでいて、協議離婚を望んでいるという旨を記した「内容証明」を夫に送る方法もあります。

離婚の話し合いは基本的に夫婦二人だけで行うことが原則ですが、夫が話し合いに応じてくれないなどの場合に、金銭的に余裕があるならば弁護士など、離婚に関する案件に詳しい第三者に代理人となってもらい、離婚話を進める方法もあります。

離婚の話し合いをする際に注意しておくべき点は、話し合いの最中に子供をどこかに預けておくということです。

離婚話で諍いを起す両親の様子は、決して子供に見せてはいけません。

離婚話を切り出すタイミング


離婚話を切り出すタイミングは慎重に見極める必要があります。

もし、夫にDVや浮気など、有責事項となる行為があるとすれば、その証拠をきちんとそろえてから離婚話を切り出すようにしましょう。

夫婦関係が一見して円満であるとき、または夫が妻との結婚生活に満足している場合には、夫がすぐに離婚に応じてくれるケースはかなりまれです。

それでもどうしても離婚したい場合には、離婚話を切り出す前に、就職に強い資格を取得したり、安定した職に就き、離婚後の住まいの確保を行ってから離婚話を切り出すと良いでしょう。

このように離婚後の生活をきちんと見据えて準備ができたタイミングで離婚話を切り出せば、妻が離婚を真剣に考えていることが夫にも十分伝わるでしょう。

この場合の離婚後の住まいとは、実家や友人の家など一時的な物でもよいので、万が一離婚を切り出したタイミングで夫から暴力を振るわれたり、離婚話がこじれた場合に、避難できる場所を確保しておく必要があります。

離婚話を切り出したときの夫の行動を何パターンもシミュレーションし、離婚後の生活基盤をある程度整えた時点で離婚話を切り出すのが、一番良いタイミングであると言えます。

まとめ

  • 離婚話を進めるには長期戦を覚悟する
  • 場合によっては離婚前に別居を行う
  • 離婚話をしている親の様子を子供に見せない
  • 離婚話を切り出すタイミングをきちんと見極める

ここまで、離婚話の進め方と離婚話を切り出すタイミングについて説明してきました。

この話し合いによる離婚、いわゆる協議離婚を成立させるのは、夫がDVや浮気などの行動をとっていない限り簡単には成立しません。

離婚話をうまく進めるためにも、離婚話を始めるタイミングをきちんと見極め、ある程度離婚後の生活基盤を固めておくようにしましょう。