旦那と離婚したいと思ったとき、まずは別居から始めようとする妻もいると思います。

ここでは離婚を前提とした別居をする際に必要な準備や、生活費などの問題について説明していきます。

旦那と離婚したいがための別居


旦那と離婚の話し合いがこじれてしまったとき、または旦那からDVを受けている場合などには離婚前に別居をするという選択肢もあります。

旦那に明らかな有責事項がある場合にも離婚を前提とした別居は離婚への近道となります。

旦那と別居をするにあたって注意すべき点は、「別居を衝動的に行わない」ということです。

夫婦には同居の義務というものがありますが、この義務を一方的に放棄してしまっては妻側の有責となってしまうので、急を要さない場合には別居に関して夫婦間で十分話し合うようにしましょう。

旦那に明らかな婚姻を継続しがたい重大な事由がないのに別居を始めてしまうと、妻が「悪意の遺棄」を行ったと調停や裁判などで判断されることがあるからです。

また、妻が専業主婦である場合、実家に戻れない時には新しい住まいを用意したり、仕事を探して収入を確保するといった準備も必要となってきます。

別居からの円満離婚を目指すためには、十分に準備をしておくことが大切です。

離婚前に別居するための準備


別居を行うにあたっては十分な準備を行う必要があります。

旦那側に明らかな有責事項がない場合には、夫婦間で別居について十分話し合ったうえで別居を行う必要があるのは前の章で書いた通りです。

しかし、旦那側にDVなどの有責事項があり、早急に別居しないと旦那から危害を加えられる恐れがある場合には、その証拠をきちんと集めてから別居を行うようにしましょう。

このDVの証拠はDVによってけがをした場合の医師の診断書やカルテ、DV行為中の動画、旦那のDV行為を知っていた第三者の証言などがあります。

ここで注意が必要なのは旦那に不貞行為があった場合です。

この不貞行為を原因として別居する場合には、すでに夫婦関係が破綻していたととらえられることもあるので、別居には慎重になる必要があります。

また、別居を行うために新居を用意したり、専業主婦の場合には仕事を見つけるまでの期間の生活費などにするためのまとまった費用を確保することも大切です。

離婚前の別居期間の生活費は?


妻が専業主婦であった場合、別居に関して一番心配なことは金銭的な問題になります。

しかし、別居をしていても籍が入っている限りは法律上は夫婦であることに変わりがないので、相互扶養の義務がなくなることはありません。

したがって別居期間中も妻が旦那に婚姻費用を請求することができます。

婚姻費用とは一般的に言う生活費の事で、衣食住や雑費、医療費、その他生活をしていくうえで必要な費用の事です。

別居期間中でも婚姻が継続していることには変わりがないので、妻に収入が無い場合には旦那がこれらの費用を賄う義務があります。

しかし、この婚姻費用は旦那の収入によって決まるので、妻側だけが贅沢な暮らしをすることができるわけではありません。

離婚を目的とした別居を行う場合には、この婚姻費用を受け取りながら、なるべく早く安定した収入を得ることができる職に就くことが大切です。

まとめ

  • 衝動的な別居は行わない
  • 旦那の有責事項で別居を行う際には証拠を十分に集めておく
  • 収入がない・少ない場合には婚姻費用の請求を行うことができる

ここまで、離婚を前提とした別居を行う際に必要な準備と、生活費について説明してきました。

一方的に別居を行うと、妻側が悪意の遺棄を行ったと解釈されることがあるので、絶対に衝動的な別居は避けるようにしましょう。

別居後の生活基盤をきちんと整えてから別居に踏み切ることをおすすめします。