離婚する際に大きな問題になるのが財産分与です

現金は比較的簡単に分けることができますが、ローンが絡む持ち家などはどのような方法で財産分与するのでしょうか?

ここでは持ち家を財産分与する際に、連帯保証人やローン残高などがどのように扱われるかを説明していきます。

夫と離婚するときの持ち家の扱い


前述したように、夫と離婚する時には財産分与が大きな問題になります。

持ち家が婚姻期間中に夫婦の力で購入した物であれば、たとえ持ち家が夫婦どちらか片方の名義であっても共有財産として扱われ、当然財産分与の対象になります。

しかし、持ち家などは二つに分けることができない財産なので、どのような形で財産分与を行うかでもめるケースが多いようです。

さらにその持ち家に住宅ローンが残っていたり、妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合などはさらに問題が複雑になってきます。

持ち家をどのような形で財産分与するのか、住宅ローンが残っている場合にどのように返済していくのか、住宅ローンの連帯保証人を外れることができるのかなど、持ち家の財産分与に関わる問題について次の章で説明していきます。

離婚した時に住宅ローンはどうなる?


住宅ローンが残っている持ち家を財産分与するには、まずその持ち家の資産価値を調べる必要があります。

持ち家の現在の価格からローン残高を引いた金額がプラスの場合には、比較的財産分与はスムーズに進みます。

一番あとくされがない方法は、持ち家を売却し、その利益で住宅ローンを返済した残りの現金を夫婦で財産分与する方法です。

持ち家を現金化することによって、きっちりと財産分与の割合に応じた金額を双方が手にできることがメリットです。

持ち家に夫婦のどちらかが住み続ける場合には、持ち家の売却価格と住宅ローンの差額を、夫婦のうち家に残るほうが出ていくほうに現金で支払うことで財産分与を行うケースが一般的です。

では、持ち家の価格がローン残高より低い、いわゆるオーバーローン状態の時にはどのようにすればよいのでしょうか。

一般的には、夫婦のうち持ち家に住み続けるほうが持ち家をローンごと引き受けることが多いようです。

離婚した時に住宅ローンの連帯保証人から外れることができる?


住宅ローンを組む時に、妻が連帯保証人になるケースもしばしばあります。

離婚時に妻が持ち家を出ていく場合、住宅ローンの連帯保証人から外れることができるのでしょうか?

財産分与の話し合いで、離婚後妻が住宅ローンに対して責任を負わないという取り決めがなされたときには、連帯保証人をおりる手続きを行うことができます。

しかし、基本的に住宅ローンとは、銀行との契約なので、連帯保証人をおりることを夫婦間の話し合いのみで決めることはできません。

妻が銀行との住宅ローンの連帯保証契約を解除するには、以下の二つの方法があります。
  • 夫が住宅ローンの借り換えを行う
  • 妻以外の人に連帯保証人になってもらう
上記の二つの方法のうち、どちらで妻を連帯保証人から降ろすかは、夫と銀行との話し合いになります。

離婚によって妻が家を出ていく場合に、住宅ローンの連帯保証人になったままでは、のちのち夫の経済状況が悪化するなどして住宅ローンの支払いが滞った際に、妻に住宅ローンの支払い義務が生じてしまいます。

離婚によって持ち家を手放す際には、連帯保証人の契約解除手続きは必ず行うようにしましょう。

まとめ

  • 持ち家は婚姻期間中に購入したものであれば夫婦どちらの名義であっても共有財産
  • ローンが残っていても財産分与は可能
  • 妻が持ち家を手放す場合連帯保証人になっているときは必ず連帯保証契約の解除を行う

ここまで持ち家の財産分与に関して説明してきました。

持ち家はおそらく夫婦にとって一番大きな共有財産となり、そこに住宅ローンや連帯保証人の問題が絡むと、簡単に財産分与することが難しくなってきます。

持ち家の財産分与の方法をきちんと把握して、この問題で不利にならないように気を付けましょう。