夫と離婚したいと考えたときに、離婚に向けて何から始めたらよいのかわからない妻も多いと思います。

ここでは一般的な離婚までの流れと必要な手続きについて説明していきます。

夫と離婚したいとき何から始めればいいか


夫と離婚したいと思ったときに、何から始めればいいのか?

それは夫と離婚したいと思う理由により異なります。

夫と性格が合わないで結婚生活が苦痛になる、いわゆる「性格の不一致」が原因の場合には、まずは夫と離婚について話し合うことから始めましょう。

「性格の不一致」が原因の場合、大抵の夫は最初に離婚話を切り出したときには、晴天の霹靂のように感じるケースが多いようですが、妻が夫をきちんと説得して離婚に向けて進んでいく事になります。

それ以外の夫にDVや浮気などの有責事項がある場合には、まずその有責事項の証拠を集めることから離婚への準備が始めります。

夫の有責事項を第三者に納得させることができる十分な証拠を集めたところで夫に離婚を切り出すようにしましょう。

夫のDVが原因の場合には、離婚を切り出した際にさらなる暴力にさらされることも考えられるので、人目のある所で離婚を切り出すか、弁護士に依頼して離婚の話し合いの代理人になってもらう方法をとることが安全です。

離婚をするときの一般的な流れ


離婚をするときの一般的な流れは、まずは離婚について話し合い、お互いに離婚について納得した場合に離婚届を提出するという「協議離婚」が一般的で、離婚の約90%を占めます。

話し合いで離婚話がまとまらない場合には家庭裁判所に離婚調停を申し出ることになります。

この離婚調停とは、離婚の話し合いが夫婦間だけではまとまらない場合に家庭裁判所に間に入ってもらい、離婚に関するさまざまな条件などを決め、離婚を目指すものです。

離婚調停により成立した離婚を「調停離婚」と呼び、離婚が合意に至った場合には「調停調書」を作成します。

離婚調停はあくまで離婚をするかどうかや、その条件について話し合う場なので、離婚を強制することはできないので、その点は注意が必要です。

離婚調停で離婚が成立しなかったときには、裁判を行って離婚を目指すことになります。

家庭裁判所で離婚が棄却されたときには、高等裁判所、さらには最高裁判所まで離婚について争うことも可能です。

このような裁判による離婚を「裁判離婚」と言います。

この裁判所の決定には強制力があるので、離婚の判決が下りた場合には、夫が離婚に同意していなくても離婚することができます。

離婚をするときに必要な手続き


離婚をするときに必要な手続きは、協議離婚の場合離婚届を提出することだけです。

しかし、離婚の話し合いをする中で財産分与や、子供がいる場合には親権・養育費・面会権などさまざまな取り決めを行います。

この取り決めた内容を公正証書にして残しておくことで、夫婦のどちらかが取り決めの内容を履行しない場合に強制力を持って取り決めを履行させることができます。

ですので、離婚時に決めた条件等は公正証書にしておくことをおすすめします。

調停離婚の場合には、離婚届を離婚調停が成立してから10日以内に役場に提出する必要があります。

この期限を過ぎると、科料を課されることになるので、必ず10日以内に提出するようにしましょう。

この時に調停調書の正本と謄本も同時に提出する必要があります。

裁判離婚の際には、裁判所で離婚の判決が出た際に離婚は決定していますが、やはり役所に離婚届を提出する必要があります。

この離婚届の提出の際には、調停調書の正本と謄本、離婚裁判の判決の確定証明書も同時に提出しなければなりません。

裁判離婚の場合にも、離婚届を離婚調停が成立してから10日以内に役場に提出しないと科料が科されます。

まとめ

  • 協議離婚の場合は離婚の条件等を公正証書にして残しておく
  • 調停離婚の場合は離婚届のほかに調停調書の正本と謄本の提出が必要
  • 裁判離婚の場合は離婚届と同時に調停調書の正本と謄本、判決の確定証明書の提出が必要
  • 調停離婚または裁判離婚が成立した日から10日以内に離婚届を提出しないと科料が科される

ここまで、離婚をする場合の流れと必要な手続きについて説明してきました。

夫が話し合いで離婚に応じてくれないからとあきらめずに、離婚調停や離婚裁判を行うことで離婚することができる可能性がある事を知っておきましょう。

離婚に関する準備やその流れに関する正しい知識を持つことで、夫と離婚することができるでしょう。