専業主婦が離婚をした時に、妻が家を出る場合、住まいを確保する必要があります。

実家に帰る場合と、賃貸住宅などを借りて新居を構える場合が考えられますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ここでは専業主婦の離婚後の住まいについて説明していきます。

主婦が離婚後に住むところの選択肢


専業主婦が離婚した後、住まいをどうするかはかなり大きな問題となります。

実家が頼れる状態であれば、一時的にでも実家に帰り、離婚後の生活基盤を整えることが一番安心できる方法と言えるでしょう。

離婚後そのまま実家に住むという選択肢もあります。

しかし、実家と折り合いが悪かったり、親が高齢であったりなどの理由で実家を頼れない場合には、賃貸住宅を借りるなどの方法で新居を構える必要が出てきます。

一般的に専業主婦の離婚後の住まいの選択肢はこの二つになりますが、財産分与でそれまで住んでいた家を受け取った場合には住まいの心配は必要ありません。

また、金銭的にかなりの余裕がある場合には、新居を購入するという方法も可能です。

賃貸住宅を借りるにしても、ある程度まとまった額のお金が必要になるので、きちんと財産分与を行い、慰謝料が請求できる場合には請求して、金銭面で困らないように準備しておきましょう。

離婚後に主婦でもアパートは借りられるか?


離婚後の新居として婚姻期間中に妻が主婦であった場合にアパートなどの賃貸物件を借りることは可能なのでしょうか。

主婦であった妻が無職のままでは、アパートなどを借りにくい場合があります。

なぜなら、賃貸住宅の借り手に安定した収入が無い場合には、家賃の回収が難しくなることが考えられるからです。

賃貸住宅を借りるには不動産会社または不動産の管理会社の審査を受ける必要があります。

この審査の基準はどの程度の収入があるか、周囲の人とのトラブルを起しそうにない人物かなどといった本人の審査のほかに、きちんとした連帯保証人を立てられるかといった内容になります。

賃貸住宅の借り手である妻に収入が無い場合、かなりしっかりとした収入のある連帯保証人を付けることで、賃貸住宅を借りることができることがあります。

しかし、連帯保証人が付けられない場合はどうしたらよいのでしょうか。

このような場合には家賃の保証会社に保証金を支払うことで賃貸住宅を借りることができます。

どちらにしろ賃貸住宅を借りるにはまとまった金額の初期費用が必要になるので、財産分与や慰謝料で得たお金をこれに充てると良いでしょう。

その後、速やかに仕事を探す必要があります。

離婚後に主婦が実家に帰る場合


専業主婦だった妻が離婚した時に、実家が頼れる状況であれば、たとえ一時的にでも実家に戻ることをおすすめします。

実家に戻ることで、新しく住居を構えるより費用を大幅に抑えることができ、子供の世話も手伝ってもらえるなどのメリットがあるからです。

実家に身を寄せている間に仕事を見つけ、ある程度の資金ができたら、賃貸住宅を借りるなどして実家から独立することもできます。

実家に戻ることは一見メリットだらけのように見えますが、実はデメリットもあります。

実家に住んでいる間は、児童扶養手当、通称母子手当の支給を受けづらいという点がデメリットです。

児童扶養手当の支給には所得制限がありますが、この制限以下の所得しかなくても、実家の両親からさまざまな援助を受けていると役所が判断するため、児童扶養手当が支給されないケースが多いのです。

児童扶養手当の支給を希望する場合には、なるべく早く実家から独立して生活する必要があります。

まとめ

  • 主婦は離婚後実家に戻るケースが多い
  • 実家に住んでいると基本的に児童扶養手当の支給が受けられない
  • 賃貸住宅を借りるには連帯保証人を付けることで借りやすくなる
  • 賃貸住宅の連帯保証人がいない場合は家賃の保証会社を利用する

ここまで、主婦の離婚後の住まいの選択肢について説明してきました。

婚姻中に住んでいた家にそのまま住むことができれば一番安心ですが、家を出ていかざるを得ない状況になることが多いようです。

実家に戻る、賃貸住宅を借りるといった選択肢が考えられますが、双方のメリットとデメリットをきちんと把握してから離婚後の住まいを選ぶようにしましょう。