妻が離婚を考える理由にはさまざまなことがあり、それが婚姻を継続しがたい重大な事由と判断されれば、調停や裁判などで離婚が可能になります。

ここでは、性の不一致やセックスレスがこの婚姻を継続しがたい重大な事由になるのかについて説明していきます。

夫と離婚するさまざまな理由


近年では離婚率が高くなっており、実に3組に1組の夫婦が離婚しているというデータがあります。

その理由はさまざまですが、一番多いのは性格の不一致です。

一口に性格の不一致と言っても、内容は多岐に及び、家庭を顧みない、配偶者の親や親せきとうまく付き合えない、お互いの生活習慣が合わずにすれ違いの生活になってしまったなど、夫婦によってその理由は異なります。

それ以外の離婚理由としては、不貞行為、ギャンブルなどでの浪費や借金、DV、モラハラ、生活費を渡さない経済的DVなど、いずれも婚姻を継続しがたい重大な事由が原因となることもあるようです。

単に性格の不一致で離婚する場合には、慰謝料が発生することはありませんが、浮気やDVなど、有責行為によって離婚する場合には慰謝料が発生します。

では、性の不一致やセックスレスで離婚することはできるのでしょうか。

次の章ではこれらの事を原因に離婚できるかどうかを解説していきます。

夫と性の不一致が離婚問題に発展する


「性格の不一致」という言葉はよく耳にしますが、「性の不一致」という言葉はまだあまりなじみがないようです。

「性の不一致」とは、夫婦のセックスに対する認識の違いからくるものです。

極端な例を言うと、夫婦の片方はセックスは子供を作るためだけの行為ととらえているのに対して、もう片方は愛情表現であると考ているなどの認識の違いから、夫婦の片方または双方がセックスのあり方に不満を抱いている状況を言います。

性格が合い、一緒に生活していくのに何の不満が無くても、この性の不一致を抱えている夫婦は少なからず存在するといわれています。

性の問題は多くは男性のみの問題だと考えられがちですが、女性もまたセックスの回数が多すぎる、または少なすぎるなどの問題を抱えていることもあります。

この「性の不一致」の問題は、なかなか夫婦間でも話し合いで解決することが難しい、デリケートな問題です。

「性の不一致」は「性格の不一致」と同様にしばしば離婚の原因になります。

夫とセックスレスを理由に離婚できるか


しばしば夫婦間で問題になるセックスレスとは、いったいどのように定義されているのでしょうか。

日本性科学会によると、「病気などの特別な理由がないのに1か月以上性交渉がないこと」と定義されています。

このセックスレスが問題になるのは、夫婦のどちらかがセックスを求めているのにもう片方が特別な理由がないのに拒否をしている場合になるので、夫婦の双方がセックスを求めていない場合にはあまり問題にはなりません。

夫婦間でのセックスレスは、離婚の理由になります。

その法的根拠は民法の770条に定められた「裁判上の離婚」にあります。

セックスレスは「婚姻を継続しがたい重大な事由」に当てはまるので、立派な離婚の理由になります。

ですので夫婦であれば、病気やEDなどの特別な理由がない限りは相手のセックスの求めに応じる義務があると言えます。

離婚問題が裁判になった場合に夫がセックスレスの原因であった場合には、夫が不利な状況に立たされることになります。

また、理由のない一方的なセックスの拒否によるセックスレスは慰謝料請求の対象になることもあります。

まとめ

  • 「性の不一致」に悩む夫婦は多い
  • 特別な理由がないのに1か月以上セックスがない状態をセックスレスという
  • セックスレスの理由によっては慰謝料請求の対象となる

ここでは性の不一致とセックスレスについて説明してきました。

この問題はデリケートな問題なので、夫婦間でもきちんと話し合うことが難しい場合が多いようです。

セックスレスの原因によっては立派な離婚理由となり、慰謝料請求の対象となるので、日記をつけるなどしてセックスレスの証拠を残しておくようにしましょう。