可愛い子供たちを中心にして築いてきた、温かい家庭が音を立てて崩れてしまうことがあります。

長年、家族のために人生を捧げてきた妻にとって、夫の浮気ほど辛い経験はありません。

夫の浮気により、妻が子供を連れて家を出る決心を固めるケースは少なくありません。

家族を裏切る夫に頼るぐらいなら、苦労してでも自分で育てたいという気持ちになるからでしょう。

では、夫の浮気が原因で「調停離婚」に持ち込む場合はどんなことが留意点になるのでしょうか。

相手に「浮気」という落ち度があることは、どのように証明すれば良いのでしょうか。

今回のテーマは、「夫の浮気」と「調停離婚」です。

「夫の浮気問題」調停離婚はどのように進める?


一般的に、浮気問題が発覚すると、夫婦の話し合いは感情的になりがちです。

従って、夫婦の話し合いだけで成立する「協議離婚」が困難になることがあります。

協議離婚以外の方法としては、「調停離婚」と「裁判離婚」があります。

ここでは、調停離婚について考えてみましょう。

調停離婚とは、家庭裁判所で「調停員」と「裁判官」が介する離婚の協議方法です。

「夫婦間で内容合意を取っていく」ことで、離婚が成立するという点では、協議離婚と共通していることを理解しておきましょう。

なお、調停離婚をしたい場合には、家庭裁判所に「調停申し立て」をする必要があります。

通常は自宅から最も近い家庭裁判所に申し立てをしますが、事情によって他地域の家庭裁判所を使用することもできます。

但し、他の地域の家庭裁判所を選択したい場合は、事前に夫の合意を得る必要があります。

浮気で調停離婚する場合の「慰謝料」の相場


ここでは、浮気の慰謝料について解説します。

「浮気」に対し法の力で慰謝料を取る場合は、「不貞行為」という言葉が使われます。

しかし、「不貞行為」とはイコール浮気を指す言葉ではありません。

裁判所では「不貞行為」を、「配偶者以外の異性と故意に性的関係を持ったこと」としています。

つまり、夫が浮気相手と「性的関係を持った」ことが明確でなければ、慰謝料を取ることはできません。

なお、不貞行為に対する慰謝料は一律ではありませんが、概ね100万円~300万円内に収まることが多いようです。

不貞行為の慰謝料は、夫だけでなく浮気相手にも請求するものとされています。

合わせて知っておきましょう。

「調停離婚」慰謝料争いには証拠が必要


前述の通り、不貞行為とは配偶者以外の異性と「性的関係を持つ」こととされています。

しかしながら、性的関係を持ったということを証明できなければ、そもそも不貞行為があったことにはなりません。

性的関係を持ったことを証明するためには、本人がその「事実」を明らかにする必要があります。

但し、ほとんどの場合、夫は不貞行為の事実を洗いざらい話すことはありません。

事実を認めてくれなければ、「証拠」を明示する以外に道はないということになります。

しかし、単なる浮気の証拠ではなく、「性的関係を持った証拠」を掴むとなると、素人には極めて難しいのが現実でしょう。

さらに不貞行為の相手が誰なのかを把握するのも、一般人には困難です。

正当な慰謝料を取るためには、裁判離婚も視野に入れながら、探偵事務所や弁護士事務所に相談するのが得策ではないでしょうか。

まとめ

  • 調停離婚とは、「夫婦で合意を取って」成立する離婚であることを理解する。
  • 「不貞行為」とは配偶者以外の異性と性的関係を持つことである。
  • 不貞行為の事実を相手が素直に認めるケースは少ない。
  • 不貞行為の証拠を掴むのは、素人には極めて難しいことある。

夫に浮気の兆候が見られた際、慌てて感情的に動くのは、最も避けたい行為です。

妻に問い詰められたことにより、夫は証拠隠滅を図ったり、浮気相手としばらく会わなくなったりすることがあります。

夫に支払うべきものを支払わせ、関係を清算するためには、慎重に行動を計画する必要があります。

離婚の原因を作ったのは、飽くまでも夫であることを証明し、愛する子供と共に新たな人生を再スタートさせましょう。