夫と別居中に妻に収入が無い、または収入が低い場合に婚姻費用を受け取ることができます。

その婚姻費用の中に、家賃や光熱費も含めて請求できるのでしょうか?

ここでは、婚姻費用の内訳について説明していきます。

別居中に婚姻費用はもらえるのか?


別居期間中には夫婦それぞれの収入と子供の人数によって、片方に婚姻費用の支払い義務が生じます。

現代の日本では、妻の収入が夫より低い、または専業主婦であるために収入が無いことが多いので、夫が別居中の妻に婚姻費用を支払うケースが多いようです。

夫から妻に支払われる婚姻費用には相場があり、慰謝料のように一方的に金額を決めることはできません。

また、夫婦それぞれの収入の増減や子供の独立などにより、婚姻費用の金額が増減することがあります。

この婚姻費用は、婚姻費用を請求した日から離婚が成立するまで、または別居を解消する日まで支払いを受けることができるので、調停や裁判で離婚について話し合っている間も当然受け取ることができます。

婚姻費用については夫婦本人同士で話し合ってもうまくまとまらないことが多いので、裁判所に間に入ってもらい、婚姻費用分担請求調停を行うことをおすすめします。

別居中の婚姻費用に家賃は含まれる?


婚姻費用とは、別居中の生活費に充てるものなので、その中家賃も含まれています。

もし、婚姻費用が10万円であったとしても、その中から家賃をやりくりする必要があります。

夫が別居中の妻と子が住んでいる家賃を支払っている場合、その金額を婚姻費用から控除することが可能です。

例えば婚姻費用を10万円の時、妻子が住むアパートの家賃を仮に6万円とし、それを夫が支払っている場合には実際に妻に渡す婚姻費用は4万円となります。

では、妻子が妻の実家に住んでいる場合には家賃分は支払わなくてもよいのでしょうか?

たとえ妻子が妻の実家に住んでいて、家賃が必要ないと思われる場合でも、婚姻費用は定められた金額の満額を支払う必要があります。

妻子が実家に家賃相当分のお金を支払っている可能性があるからです。

婚姻費用の中での家賃の扱いは上記のようになっています。

別居中の婚姻費用に光熱費は含まれる?


別居中に夫から支払われる婚姻費用は生活費に充てるものなので、当然光熱費も婚姻費用の中に含まれています。

この光熱費も家賃と同様の扱いで、光熱費の名義が夫で、妻子が住む住まいの光熱費を夫が支払っている場合には、直接妻に渡す婚姻費用の中から夫が支払っている光熱費を差し引くことができます。

妻子が妻の実家で別居している場合は光熱費などがかからないので、婚姻費用を減額できるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、家賃の場合と同様に妻が実家に光熱費相当のお金を入れていることも考えられます。

ですので、この場合の婚姻費用の減額は認められません。

重要なのは、離婚しない限り夫婦には相互扶養の義務があるので、実家に帰ったからと言って妻に対する扶養の義務の一部または全部を夫が放棄することはできないということです。

このような理由から、夫が妻子の光熱費を直接支払う場合には婚姻費用から差し引くことができますが、それ以外の場合には婚姻費用の全額を支払う必要があります。

まとめ

  • 婚姻費用は別居中の生活費として支払われる
  • 婚姻費用には家賃、光熱費が含まれるので、別に請求することはできない
  • 夫が妻子の家賃や光熱費を直接支払っている場合には婚姻費用から差し引くことができる

ここまで、婚姻費用の性格と、婚姻費用に家賃や光熱費が含まれるかどうかについて説明してきました。

婚姻費用は生活費として支払われるので、その中に家賃も光熱費も含まれており、別途請求することはできません。

夫が妻子の分の家賃や光熱費を直接支払っている場合には、その分を婚姻費用から差し引いて支払うことができます。