昔と違い、今は離婚へのハードルが低くなっていると感じる人は増えています。

結婚する前は死ぬまで一緒にいようと誓ったけれど、生活するにつれて価値観の違いやセックスレス、夫の浮気疑惑など結婚生活を続けられないと思うことは多々あるものですよね。

けれども自分が実際に離婚するとなると、世間体や離婚後の生活や仕事の不安により、なかなか離婚に踏み出せないという人が少なくありません。

そこで今回は、失敗しない離婚の進め方をいくつかご紹介いたします。

もう我慢は辞めて、新しい幸せを掴みましょう。

夫と別れたいと感じたら女性は何から離婚準備をすればいいの?

夫と離婚したいという決心がついたのであれば、まず仕事を見つけお金を貯めることから始めましょう。

離婚したいからといって、勢いで別れてはいけません。

夫と別れたいと思う時は、今すぐにでも夫と離れ新しい生活をしたいと思うものですよね。けれども専業主婦の女性は、離婚後の生活に不安を抱えているはずです。

離婚に踏み出した時、最初にお金が必要になるのは新しい生活を始める為の引っ越し費用や当面の生活費です。

この時には、いくらかまとまったお金が必要になります。

夫との離婚を考える女性の中には、離婚後の慰謝料で当面の生活費を賄えるはずだという考えを持つ人も少なくありませんが、慰謝料は離婚が成立しなければ受け取ることができませんし、 最悪の場合、夫から払ってもらえないというケース もあるのです。

そうならない為にも結婚している時点で仕事を見つけ、ある程度の貯蓄を蓄えることが大切です。

ある程度の収入や貯蓄があると、離婚後の生活の不安も軽減されるでしょう。

そしてその後に新しい住居探しをし、離婚にむけて行動を起こすと失敗なく離婚に向け踏み出すことができます。

その他にも、離婚する前には親権はどちらが持つのか、慰謝料や財産分与はどうするのかを夫を話し合いましょう。

話し合いをする時は、冷静に結論を出す為や、口約束で後から約束が違うと揉めることがないようにする為に第三者に立ち会ってもらうと安心です。

決めたことは離婚協議書として残しておき、尚且つ公正証書にすると効果が高まるので参考にしてみてくださいね。

離婚準備で知りたい!必要な役所の手続きって?

夫と離婚するには、まず役所に離婚届を取りに行きましょう。

この時、書き間違いをしてもいいように複数枚取得すると安心です。

そして役所で行うべき手続きは離婚届を出すだけではなく、その他にも様々なことをしなければなりません。

必要な手続きは、新しい住居の市町村が異なる場合は住民票の移動手続き、国民年金や国民健康保険への加入手続き、印鑑登録等です。

子どもがいるのであれば、夫の戸籍から抜く手続きをしなければなりません。

離婚して親権をとったからといって、自動的に子どもの戸籍が夫の戸籍から抜けるわけではない ので、自分で手続きする必要があるのです。

それから、児童扶養手当や児童手当の受取人の変更、健康保険の加入、該当する人は学校の転入手続きです。

そうして役所での手続きについて分かったのであれば、離婚する為に離婚届を出しましょう。

離婚届は基本的にどこでも受け付け可能ですが、もしどちらかの本籍地が異なる市町村だった場合は、予め戸籍謄本を取得しておく必要があります。

本籍地の市町村に行けない時は、郵送でも取り扱っているので自治体のホームページを確認してみるといいでしょう。

このように事前に役所で行う手続きを知っておけば、効率的に離婚成立することができます。

離婚準備に備えたい!どんな書類が必要?

実際に離婚するには、一体どのような書類が必要になるか分からない人が多くいます。

書類の不備で何度も役所に行かなくて済むように、事前に必要書類をリストアップしておくことがおすすめです。

さて離婚するにあたり必要な書類ですが、協議離婚の場合は基本的に離婚届だけで済みます。

けれども離婚届を提出する際に本人確認されることがあるので、身分証明ができる運転免許証やパスポートを持参しておくとスムーズに手続きすることができます。

そしてさきほどお話した通り、本籍地が異なる場合は戸籍謄本が必要 なので、事前に用意しておく必要があります。

もし調停離婚の場合は離婚届の他や戸籍謄本、身分証明書の他に、申立人の印鑑や調停成立後に取得できる調停調書の謄本が必要です。

裁判離婚の場合は、調停離婚で必要な書類に加え、判決確定証明書を持参しましょう。

まとめ

  • 離婚準備でまずしなければならないのは仕事を探し、収入の目途を立てる
  • 親権や慰謝料、財産分与の取り決めは協議離婚証書にする
  • 役所でスムーズに手続きする為、必要な書類をリストアップしておく

離婚したいけれど、どのように準備すればいいのか分からない、実際に夫と別れるとなると世間体が気になるという女性は多くいます。

けれども、離婚するのに必要な書類をリストアップして予め用意をし、役所でいくつか手続きを済ませれば離婚は成立します。

本当に大切なのは、離婚の手続きではなくその前の離婚準備をきちんと行うことです。

専業主婦であればまず仕事を探し、貯蓄をする必要があります。いくらかまとまったお金があれば、新しい生活をするときに必要なお金を確保し、安心して暮らすことができるのです。

離婚するという選択肢は間違いではありません。

ハードルが低くなっているとはいえ、離婚することに理解できない人もいるでしょう。

それでも我慢して不幸せな結婚生活を続けるよりも、勇気を出して1歩踏み出し、自分の幸せの為に生きる方が正しい選択なのではないでしょうか。