『離婚届をどこでどのように手に入れれば良いか?』

離婚を準備する上で迷うことの一つです。

現在、離婚に向けていくつものことを同時並行で進めている方も多いことでしょう。

不安を一つでも解決するために、シンプルに進められることに関しては簡単に済ませましょう。

ここでは「離婚届の入手方法」を全てご紹介します。

離婚届にはいろいろな入手方法があります。

自分に合った離婚届の入手方法を見つけ、スムーズに手続きを進めていきましょう。

「誰かに見られたくない、人に知られたくない」という要求にも対応していますので、ご安心ください。

「離婚届」の入手方法は5通りあります。

  • 自宅近くの役所に離婚届を取りに行く。
  • 他の地域の役所に離婚届を取りに行く。
  • 知人に頼んで役所に離婚届を取りに行ってもらう。
  • 役所に頼んで郵便で離婚届を送ってもらう。
  • インターネットで離婚届をダウンロードし印刷する。

他地域で受け取れるということになれば、選択肢が広がりますね。

⇒意外と知られていませんが、離婚届の用紙は全国共通です!

続いて、それぞれの方法の詳細とポイントを一つ一つ解説していきます。

一般的な離婚届の入手方法は?


一般的な方法として広く知られているのは、最寄りの役所に自分で出向いて離婚届の用紙をもらうという方法です。

家から近いということで、何かのついでに役所に立ち寄れる点は利点です。

しかし、ご近所の方に見られてしまう可能性があるというのが気になる方も少なくありません。

また、役所の職員に顔なじみの方がいれば、「じろじろ見られそう」という不安もあります。

⇒実は、離婚届は全国の役所で受け取ることができるのです。

他の地域の役所まで出向けば、知り合いにばったり会ってしまうというリスクは下げられます。

但し、遠方まで取りに行かなければならない手間というデメリットがあるのは否めません。

他には、知人にお願いをして離婚届を取りに行ってもらう方法があります。

「仕事などの都合で時間がない」「自分で離婚届を取りに行くのはどうしても気が引ける」という方にはお勧めです。

代理の人が行く場合でも、用紙をもらうだけですので、代理人の方に委任状を持たせる必要もありません。

ただ、離婚届を取りに行ってもらうということになれば、代理人の方には「離婚するという」事情がばれることを理解しておきましょう

「離婚届」を郵送で取り寄せる方法とは?


パソコンの普及により、郵送という方法を選ぶ方は少なくなりつつあります。

しかし、どうしても郵送してほしいという方には対応はしてくれます。

事前に準備しておくことを以下に整理しますので、参考にしましょう。

郵送してもらう場合のポイント

  • 「離婚届」は全国の役所で管理していますので、郵送をお願いする先は役所であるということ。
  • 返信用封筒に切手を貼ったものを用意し、まずはこちらから役所に郵送すること。
  • 離婚届を送付してほしい旨を一筆書いたものを同封すること。

また、事前に郵送をお願いする役所に電話を入れておき、こちらの意向を伝えておくと安心です。

その際、電話に対応してくれた担当者の名前も聞いておきましょう。

わからないことがあったとき、再度同じ担当者に電話ができれば話をスムーズに進められますね。

なお、離婚届は全国共通の用紙です。

全国どこの役所に郵送してもらっても離婚届の中身は同じです。

⇒注意点は、郵送という方法はどうしても時間がかかってしまう点です。

こちらから返信用封筒を先に郵送し、さらに相手から送り返してもらう手間があるからです。

離婚届をインターネットでダウンロードする


自ら役所に出向いたり、誰かに役所に行ってほしいことを伝えたりという手間を省くには、ダウンロードが最適の方法です。

自宅のパソコンを使い、インターネットから自分でダウンロードし印刷するという方法です。

⇒自宅のパソコンを使って入手すれば、どこかへ出かける手間はありません。

離婚届の用紙は、パソコンで簡単に検索してダウンロードすることができます。

検索ワード(検索バーに入力する言葉)は以下の通りです。

  • 「離婚届 ダウンロード」
  • 「離婚届 ダウンロード方法」
  • 「離婚届 申請書 ダウンロードページ」

おすすめは、3つ目の「離婚届 申請書 ダウンロードページ」です。

手続き説明がていねいに掲載されていて安心です。

なお、ダウンロードが無事に完了したら、印刷は自宅のプリンターですることになります。

離婚届の用紙サイズは、「A3サイズ」という大判のものになります。

⇒つまり、A3用紙に対応しているプリンターで印刷するということです。

お手持ちのプリンターでA3サイズの印刷ができるかどうかを、最初に確認しておきましょう。

あたふたしないためにも、あらかじめ他の書類でA3サイズの印刷を練習しておくと良いですね。

もしもお手持ちのプリンターが、A4サイズやB4サイズしか印刷できない場合は…

⇒A4やB4の用紙に離婚届を印刷し、コンビニ等のコピー機で『拡大コピー』すれば大丈夫です。

まとめ

  • 離婚届は役所でもらうのが一般的だが、用紙のフォームは全国共通なので、他地域でも受け取れる。
  • インターネットでダウンロードする方法は、自宅でできるから便利である。
  • 自宅で印刷するためにはA3サイズのプリンターが必要である。
  • プリンターがA3サイズに対応していない場合は、A4等の用紙に印刷したものをA3サイズに拡大して使用する。
  • 郵便で送ってもらうためには、切手を貼った返信用の封筒をあらかじめ送っておくこと。

離婚届」の用紙サイズはA3ですので、A3サイズに対応したプリンターで印刷します。

なお、離婚届を入手した後の記入欄に不備があり、何度も役所に足を運ぶ方が少なくありません。

手軽に離婚届を入手しても、記入に漏れや訂正があると、受理してもらうのに時間がかかります。

無事に手元に離婚届が準備できたら、次は離婚届の記入の仕方をしっかり理解しましょう。

インターネット検索機能を使えば、記入項目や注意点も簡単に調べることができます。

離婚の準備はやらなくてはならないことが多岐にわたっていて、頭が痛いものです。

わからないことがあるときは、インターネット検索を利用して一つずつ悩みの種を解消していきましょう。