離婚を決断した際に必ずだれもがしなくてはならないことは離婚届を提出するということです。

これは、離婚を成立させるために必ず必要なことです。この離婚届が受理されなくてはいつまでも離婚は成立しないままとなってしまいます。

しかし、離婚届を提出すると簡単に言ってもこれまで離婚届を提出するという経験がない人がほとんどでしょうから、 離婚届はどうやって提出するのか、提出するのに時間に制限があるのかと疑問に思う人もいるかと思います。

そこで今回は、離婚届を提出する際に知っておきたいポイントについてご紹介します。

離婚届の提出先は本籍地の役所にするの?

まずは、離婚届を提出する場所についてご紹介します。

離婚届を入手するには、役所の戸籍を扱う窓口でもらうことになります。

離婚届の様式は全国共通のものですので、入手先は現在住んでいる市町村でも本籍地でも、それ市町村以外でも入手は可能です。

しかし、離婚届の提出となると話は異なります。法務省の離婚届についての案内には「届出人の本籍地、または所在地の区役所、 市町村役場で提出するように明記されています。

しかし、それ以外の市町村役場以外で提出できないわけではありません。

本籍地や所在地以外の市町村役場で提出する場合には戸籍謄本を提出すれば可能です。

しかし、戸籍謄本自体が本籍地の役所でしか入手できないものですので、本籍地の役所に出向くか、郵送してもらうかという 手間がかかります。

ですので、所在地か本籍地で提出するのがおすすめです

離婚届の提出先は役場の何課になるの?

先ほどもご紹介した通り、基本的には離婚届の提出は所在地の市役所か本籍地の役所でなければならないということ でしたが、役所はいくつもの課に分かれていますのでどこに提出するのか迷ってしまうこともあるかと思います。

離婚届の提出は離婚届をもらった窓口と同様に戸籍を扱う窓口でいわゆる「市民課」と呼ばれている窓口です。

市民課で離婚届を提出する際には、離婚届以外にも必要なものがありますので一緒に持っていくことを忘れないようにしましょう。

離婚届以外に必要なものは、届出人の印鑑、本籍地以外で提出する場合には戸籍謄本、あとは身分証明書が必要となります。

印鑑は離婚届に判を押していても、訂正が必要な際に訂正印として使用することもありますので、必ず提出時にも一緒に持って いきましょう。

1つでも書類に不備があれば受理してもらえませんので、1度で確実に提出できるようにしておきましょう。

離婚届の提出先に時間制限はあるの?

さて、離婚届の準備ができたら役所の市民課の窓口へ離婚届の提出をするのですが、役所の窓口は基本的に夕方17時前後で しまってしまいます。

離婚届の提出は窓口が開いている時間でないとできないのでしょうか?

結論からいえば、365日24時間提出可能となっております。

婚姻届も、思い入れのある日になった瞬間に提出したいという人もいて、深夜0時ぴったりに提出するといった話を耳にする こともあるかと思いますが、こうした窓口が開いていない時間外の場合には市町村役場の宿直室や守衛室に提出をして預かってもらう ということになります。

離婚届もそれと同じです。ただ、この時間外での提出の際に気を付けておきたいことは窓口に直接提出して いるわけではありませんので、その場で内容の確認が完了して離婚届が受理をされるわけではありません。

翌開庁日に窓口の職員が内容を確認して、不備がなければそのまま受理されますが、もし離婚届の内容に不備があって訂正が 必要な場合には役所から連絡が入りますので、再度訂正をしに窓口に出向く必要があります。

ですので、可能であればその場で確認してもらえてその場で受理してもらったことが確認できるので窓口に提出するのがおすすめです。

まとめ

  • 離婚届の提出は所在地、もしくは本籍地の市町村役所で行う。
  • 所在地、本籍地以外で離婚届を提出するなら戸籍謄本を用意する必要がある。
  • 離婚届提出には、一緒に持っていくべきものがあるので忘れずに持っていく。
  • 離婚届は365日24時間提出することができる。
  • 時間外の離婚届提出は訂正があった場合には再度窓口に出向く必要があるので注意が必要。

離婚届を提出する以上は、確実にその場で完結させたいという思いを持っている人が多いはずです。

離婚をする際には離婚届を提出すること以外にもしなくてはならない準備や手続きがあり、精神的にも肉体的にも 多大なエネルギーを使うことになりますので、確実に失敗のないように準備をして提出する必要があります。

そのためには、できるかぎり所在地、もしくは本籍地の市町村の役所で市民課が開いている時間帯に提出することを おすすめします。