結婚している方で、一度も離婚を考えたことが無いという方は少ないでしょう。

また、離婚を真剣に考えても、いざ実行に移すとなると多大な労力が必要になってきます。

特に専業主婦の場合には、離婚後の生活を支えるための仕事探しから始める必要があるため、有利な条件で離婚するためには充分な知識と準備が必要です。

ここでは離婚をスムーズに、後悔なく進めるためのノウハウを解説していきます。

専業主婦に必要な離婚準備


まず、絶対にお勧めできないのが、早まって離婚届のサインを配偶者に要求し、役所に提出してしまうことです。

結婚年数が少ないうちは共有財産なども少ないため、性格の不一致などの理由で離婚する場合にはこの方法でも構いませんが、結婚生活が長い場合はマイホームや預貯金、保険などの共有財産の分配や子供の親権、それに伴う養育費の取り決めなど、離婚に際してさまざまな決めごとをしなくてはなりません。

専業主婦の場合でも、共有財産の形成に貢献したとみなされるため、最高で共有財産の半分に対して権利を主張することができます。

また、浮気や、暴力などのハラスメント、セックスレスなどの重大な過失が相手にある場合には慰謝料請求の対象になることもあります。

このような重大な離婚原因となりうる過失があった場合には、日記や家計簿を付けておく、暴力を受けた場合には医療機関を受診して診断書を取っておくなどの方法で証拠を残しておくことが大切です。

これらの証拠は、離婚調停などになった場合に重要な証拠となり相手を有責とし、慰謝料を請求するのに役立ちます。 少額でもきちんと慰謝料をもらっていれば、新しい生活のスタートに役立てることもでき、何より離婚に対して慰謝料を払った側に落ち度がある事をはっきりと社会的に認知してもらうことができるので、金額の大小にこだわらず、取れる場合にはきちんととるようにしましょう。

これらのことを決めるには、家庭裁判所で離婚調停を行うこともありますが、一般的には離婚案件を得意分野としている弁護士を間に立てると話し合いがスムーズに運ぶことが多いのが現状です。

弁護士に伝手がない場合は法テラスか、自治体が行っている無料弁護士相談に離婚したい理由や離婚に当たって配偶者に要求したいことをきちんとまとめてから相談に行くと良いでしょう。

このような経過を経て、離婚の条件が決定したらその内容を公正証書として公的に残し、いよいよ役所での手続きです。

離婚準備が整ったら役所で手続きを行いましょう


まずは離婚届の提出です。

自分と配偶者の欄以外に保証人なども必要になって来るので、記入漏れがないかしっかり確認しましょう。

それ以外に離婚によって子供と姓が別になった場合、親子で同じ苗字を名乗ることを希望する時には「子供の氏の変更許可申請」、子供と親権者が別戸籍になった場合は子供を同じ戸籍に入れるための「入籍届」、引っ越しをする場合には住民票の移動と世帯変更届、国民健康保険への加入手続き、国民年金の変更手続き、児童扶養手当・児童手当の申請、印鑑登録、が必要となります。

なた、パスポートや運転免許証などを持っている方は、名前の変更手続きが必要になってきます。

これらの手続きは全て役所や家庭裁判所、警察署などの公的機関で行いますが、それ以外にもクレジットカードや預貯金通帳の名前の変更など、さらに細々とした手続きが必要になります。

離婚準備に際して用意しておきたい必要書類とは?


協議離婚以外の方法で離婚した場合、必要な書類は離婚届だけではありません。

離婚調停を経て離婚する場合は、離婚届以外に戸籍謄本、申立人の印鑑、調停調書の謄本が必要になってきます。
調停離婚の場合、調停成立から10日以内に届け出が必要で、それを過ぎてしまうと罰則があるので注意しましょう。

裁判離婚の際には調停離婚に必要な書類のほかに判決確定証明書が必要になります。

この場合にも判決確定から10日以内に提出しないと罰則が科せられます。

まとめ

離婚は自分一人の問題ではなく、配偶者や子供の一生にかかわる大きな出来事です

新しい人生を切り開くには、離婚に関するきちんとした情報を得て、有利な条件で後悔のない離婚ができるよう最大限の努力をしましょう

  • 配偶者が有責であることの証拠を確保する
  • 共有財産や親権の問題について専門家に相談する
  • ひとり親家庭に対する国や自治体の助成制度を利用する
  • 離婚に際する取り決めを公正証書で公的に記録として残す

離婚は決してその場の感情だけで行ってはいけません。

その先にはまだ長い人生があるので、お金のや社会的評価、子供の成長などあらゆる心配事に対してなるべくリスクを下げるためには、離婚するにあたって充分に準備することが大切です

できる限り相手側が有責であるという証拠と、有利に離婚を進めるための情報を収集してから、新しい人生を始めるようにしましょう。