「協議離婚」の記事一覧

協議離婚と財産分与。相場や期限、払う税金はあるの?

協議離婚 財産分与

夫との離婚を決意したら、まず最初に「財産がいくらあるか」を把握することが必要です。 「財産分与問題」は、離婚の協議の中でも特に言い争いが激化しやすい問題です。 結婚してから得てきた「共有の財産」を全て把握しておかなければ、もらえる金額に見当をつけることもできません。 今回は、離婚問題の中でも、特に「夫婦の財産分与」について深く考えてみましょう。 財産分与の「割合」「相場」、そして「税金」が必要か否か等を解説していきます。

夫と協議離婚…持ち家、住宅ローン、連帯保証人はどうする?

住宅ローン 協議離婚

多くの法律事務所や弁護士事務所のサイトでは、「離婚が決まったら、持ち家の問題を最優先で片づけること」を勧めています。 離婚における話し合いにおいて、マイホームをどうするかが争点になるケースが多いためです。 一般的に、「家」は数ある財産の中でも最も大きなものです。 離婚には財産分与の義務がありますので、争いが起こるのも当然と言えば当然です。 基本的に婚姻期間中に得た財産は、全て財産分与の対象となります。 今回は特に、持ち家に焦点を絞った離婚の準備について考えていきましょう。

協議離婚の公正証書は自分で作成できる?費用や書き方

協議離婚

夫婦の話し合いで互いに条件の合意を取って離婚することを、「協議離婚」と言います。 日本における離婚は、約9割が「協議離婚」との統計があります。 夫婦間の協議で離婚が成立するなら、何度も裁判所に通う必要もありません。 話し合いさえスムーズに進めば、比較的短時間で離婚ができるのが協議離婚のメリットでしょう。 今回は「協議離婚」を考えている女性のために、公正文書に関する基礎知識を解説していきます。

口約束の協議離婚は危険!公正証書の効力と書いておく内容

協議離婚

日本における離婚の9割方は「協議離婚」という統計が出ています。 協議離婚は夫婦間の話し合いで決めるものであり、裁判のように時間がかからない点が利点と言えます。 相手さえこちらの要求に合意してくれれば、弁護士を雇う必要もなく、費用は不要です。 但し、離婚条件を安易に決めてしまったり、簡単な約束で済ませることは大きなリスクを伴います。 今回は「公正証書」の役割と効力について説明します。

協議離婚 慰謝料の相場。性格の不一致でも請求できるのか?

協議離婚 慰謝料

現在、日本では2~3分に1組のスピードで離婚が成立していると言われています。 多くの夫婦が離婚を選択しているわけですが、その原因は多種多様です。 DVや酒癖の悪さが原因の離婚もあれば、モラハラや価値観の違い等が原因で離婚する夫婦もたくさんいます。 決定的な落ち度がなくても、離婚を選択する夫婦は少なからずいますが、その場合はどんな離婚準備が必要なのでしょうか。 今回は、「性格の不一致」が引き金となる離婚について考えます。

夫の浮気で協議離婚…慰謝料の相場は?相手にも請求できる?

協議離婚 慰謝料

何年もかけて守ってきた温かい家庭の雰囲気が、一気に崩れ去ることがあります。 借金やお酒の影響、浮気や暴力問題等、その原因は様々です。 中でも、「浮気の発覚」 ほど家族を失望させる行為はないかも知れませんね。 夫婦関係が「信頼」で成り立つことは周知の通りです。 一般的な感覚としても、そして法的にも、浮気という不貞行為は許されないものとされています。 もしも夫が浮気をした場合、離婚するにはどんなことを考える必要があるのでしょうか。 今回は、夫の浮気で協議離婚をするケースを取り上げ、慰謝料の請求や金額について解説していきます。

協議離婚に弁護士は必要?代理交渉のメリットや費用の相場

協議離婚 弁護士

現在、日本において離婚する夫婦は、3組に1組程度と言われています。 結婚してから仕事を持たなかった専業主婦であっても、シングルマザーの道を選ぶことは珍しくありません。 しかしながら、いざ離婚の準備について具体的に考え始めると、次々と「考えるべきこと」が浮上してきます。 夫とは一日も早く離婚したいと願いつつも、やはり自分の力だけで離婚を推し進めることに不安を覚えるのは当然のことと言えるでしょう。 一人であれこれ背負っていては八方塞がりになることもあります。 今回は、離婚にあたって弁護士に介入してもらった場合のメリットや費用について考えてみましょう。

協議離婚のメリット、デメリット。必ず決めておく事は?

協議離婚

離婚に向けての準備は想像以上に大変なものです。 慰謝料や養育費の問題、親権や転校の問題等、考えなければならないことは多数あります。 特に、子供を引き取ってシングルマザーとして生きる道を選択するならば、課題は山積みだと言えます。 また、夫婦だけの話し合いで離婚を決めるのか、家庭裁判所や弁護士の力を借りるのかという点も考える必要があります。 離婚の仕方はいくつかありますが、今回は「協議離婚」について紹介していきます。

協議離婚、調停離婚、裁判離婚の違い。必要になる費用は?

協議離婚 調停

夫婦間の離婚が成立するまでには、数々の困難と準備が待ち受けています。 「どのような方法で離婚するのか」を考えるのも課題の一つです。 親権を取りたい、子供の転校手続きはいつまでにしたい、養育費が欲しい等、妻の要求通りに話が進むとは限りません。 そもそも、離婚すること自体を相手が徹底拒否することもあるのです。 日本には離婚の方法が3つあります。 今回はそれぞれの離婚の方法について解説します。

協議離婚とは?手続きの流れや必要になる費用

協議離婚

現在、日本の離婚率が増加の一途を辿っていることは広く知られていますね。 離婚する夫婦は3分に1組とも、2分に1組とも言われています。 いずれにしても多くの夫婦が離婚の道を選んでいるということです。 しかし、一言で「離婚」と言っても、その原因や離婚の仕方は夫婦によって違いがあります。 今回はその中でも、特に一番多いとされる「協議離婚」についてご説明します。 協議離婚の実態や進め方を理解し、後悔のない離婚になるよう、順序立てて計画を進めていきましょう。

ページの先頭へ