「子供」の記事一覧(2 / 6ページ目)

離婚話を子供にするタイミングはいつ?上手な伝え方は?

子供 離婚話

離婚をすることが夫婦間で決まったとしても、子供にいつ伝えたら良いか、そしてどうすれば子供にうまく伝わるか、 悩ましいことですよね。 離婚について話すことは、子供の年齢が大きく関わり、法律上の考え方も存在しています。 今回の記事では、離婚についてどんな年齢の子供にどんな風に伝えるべきか?どんなタイミングで伝えるとよいか? 子供にどんな配慮が必要かなどについて、詳しくお伝えしていきます。

離婚したことを子供の学校に報告するタイミングや手続きは?

子供 離婚の報告

夫婦間の離婚について、ある程度メドがたった後、家庭裁判所で子供の戸籍の手続きを行い、 その後は学校へ離婚にまつわる苗字変更や住所変更について連絡する必要があります。 さらに、離婚後引っ越しをして学区外へ行く場合は、転校の手続きなども行うことになります。 今回は、離婚後に転校するべきか?いつ離婚について子供の学校に伝えるか? 離婚後の転校手続きについてをお伝えします。離婚を検討している方や、すでに離婚手続きをされた方、必読ですよ。

離婚で母子家庭に…子供に与える影響やメリット・デメリット

子供 母子家庭

離婚は感情のままに行うものではなく、メリットとデメリットをきちんと確認してから、メリットが多いと感じた場合に行うべき行為です。 特に子供を連れての離婚は慎重に考える必要があります。 ここでは、離婚により母子家庭になった場合のメリットとデメリットについて説明してい行きます。

離婚…子供の戸籍変更手続きはどうする?苗字変更や健康保険

子供 手続き

離婚すると決まったら、いろいろと手続きがあります。なかでも、子供がいる方は、子供の名字の変更をするかどうか、戸籍を夫側・妻側のどちらに入れるのかなども考えなくてはなりません。健康保険の変更には、手続きの期限もあります。 何かと大変な時ですが、速やかに手続きを済ませられるよう、手続きの流れをまとめてみました。

離婚後に彼氏と同棲…児童扶養手当はもらえる?再婚したら?

児童扶養手当 子供

離婚準備をしている段階では、とにかく親権が欲しいの一点張りだった母親にも、子育て以外の人生はあります。 新生活は母子でスタートしたとしても、様々な苦難を経て、新しいパートナーに出会うことは充分に考えられます。 世の中には、シングルマザー本人だけでなく、その子供のことも心から愛し、大切にしてくれる人がいるのも事実です。 しかし、新たなパートナーが現れた際に気がかりなのが、児童扶養手当の問題です。 そこで今回は、もしも彼氏ができた場合でも児童扶養手当は引き続き支給されるのかというテーマについて考えます。 再婚した場合はどうなのか、彼氏ができただけだとどうか、同棲した場合はといった疑問にお答えします。

離婚後にもらえる児童扶養手当の支給回数は?支給月と支給日

児童扶養手当 子供

離婚後、シングルとして再スタートをした人にとって、児童扶養手当は頼みの綱です。 小さな子供を抱えていれば、保育園の申込みをしても入園が先送りになるなどで就職ができないことがあります。 また、これまで共働きで収入を得てきた人であっても、一人で子供を育てながら働くとなれば今まで通りにいかないことが多々出てきます。 子供がある程度の年齢に達するまでは、学校等の行事があったり、子供を病院に連れて行ったりと、仕事以外のことに追われることもあります。 しかし、お金の相談というのは、例え離婚経験者同士であってもしにくいというのが本音ではないでしょうか。 さらに、親や兄弟にもお金の話をするのは避けたいと考えるシングルマザーもいます。 一人で思い悩んで追い込まれないようにするためにも、児童扶養手当の申請は早めにしておきたいものです。 ここでは、児童扶養手当の支給回数・支給月・支給日を中心にご説明します。

児童扶養手当の支給条件は?年収や世帯所得の制限

児童扶養手当 子供

離婚により親権を獲得した親は、子供の転校手続きや住居の問題等、新たな生活を計画しなければなりません。 当然ながら、でき得る限り多くのお金を用意したいと考えるものです。 ここでは、主に「児童扶養手当」にスポットを当てて、これからのことを考えてみましょう。 専業主婦だった女性にとっては、これから仕事が見つかるかどうかという心配があります。 また、これまでしっかりと稼いできた方であっても、シングルになった場合も今まで通りの収入を得ることが否かの不安はあるかと思います。 児童扶養手当を受給するにはどんな条件があるのでしょうか。 具体的に一つ一つ見ていきましょう。

児童扶養手当は何歳から何歳までもらえる?支給条件は?

児童扶養手当 子供

離婚後の生活がスタートすれば、一刻も早く児童扶養手当を受け取りたいものですね。 一人で子供を抱えて新しい生活を送っていくのは、体力的にも金銭的にも想像以上に大変なことです。 今回は、児童扶養手当の基本的な知識を整理していきます。 児童扶養手当は、シングルであれば誰もが受給できるものではありませんが、受け取れる資格があるかどうかはしっかりと調べておくべきものです。 離婚後の生活をスムーズにスタートするためにも、児童扶養手当について知っておきましょう。

貯金があると児童扶養手当はもらえない?支給要件と手続き

児童扶養手当 子供

近年の統計では、日本には一人で子育てをしている家庭は120万世帯を超えています。 子供の面倒を見ながら仕事をするのは容易なことではありません。 特に子供が幼少であったり、複数人の子供を抱えている母親は悩みが尽きないものです。 平均年収は300万円以下であり、また、20%の母親は就業できないのが現状です。 しかし、そうは言っても子供の貧困は何としても避けたいものです。 そこで今回は、児童扶養手当の支給要件について考えてみましょう。 また、貯金を持っていても児童扶養手当がもらえるのか否かについても解説します。 なお児童扶養手当は、認定さえ受けることができれば、申請をした翌月分から支給されることになっています。

旦那と離婚後に親の持ち家で同居…児童扶養手当はもらえる?

児童扶養手当 子供

離婚問題の中で、最も気がかりなことの一つが子供の問題です。 親権を取ることができれば協議は一段落ではありますが、一人で子供を背負って生きていくことは容易ではありません。 幼少の子供を抱えている場合や、母親にある程度の所得が見込めない場合、離婚後に実家に戻って同居をする選択をする人も少なからずいます。 では、もしも親の持ち家で同居することになった場合、児童扶養手当(母子手当)はもらえるものなのでしょうか。 児童扶養手当とは、どういう条件を満たしていればもらえるものなのでしょうか。 今回は、離婚後に親との同居を選択したケースについて考えてみます。

ページの先頭へ