「慰謝料」の記事一覧

夫の浮気で調停離婚…慰謝料の相場と浮気の証明に有効な証拠

慰謝料 調停離婚

可愛い子供たちを中心にして築いてきた、温かい家庭が音を立てて崩れてしまうことがあります。 長年、家族のために人生を捧げてきた妻にとって、夫の浮気ほど辛い経験はありません。 夫の浮気により、妻が子供を連れて家を出る決心を固めるケースは少なくありません。 家族を裏切る夫に頼るぐらいなら、苦労してでも自分で育てたいという気持ちになるからでしょう。 では、夫の浮気が原因で「調停離婚」に持ち込む場合はどんなことが留意点になるのでしょうか。 相手に「浮気」という落ち度があることは、どのように証明すれば良いのでしょうか。 今回のテーマは、「夫の浮気」と「調停離婚」です。

セックスレスを理由に夫と離婚できるの?慰謝料や養育費は?

セックスレス 慰謝料

ある調査によると、日本では実に半数以上の夫婦がセックスレス状態にあるようです。 忙しい生活スタイルや不倫文化の発達などによって今でも増え続けているとのこと。 お互いが納得しているならいいですが、片方がしたいのに拒否される状況は、健全ではありません。 この記事では、セックスレスが原因での離婚は認められるのか、慰謝料は請求できるのか、また養育費はどうなるのかといった疑問を解決していきます。

セックスレスで離婚する確率。夫が原因なら慰謝料もらえる?

セックスレス 慰謝料

なかなか大きな声で語れないのが、セックスレスの問題です。 実際離婚しているカップルのうち、セックスレスが原因のケースってどれくらいあるのでしょうか? 「セックスを拒むのは妻」というような世間的なイメージが根強いですが、夫が拒否しているケースも意外と多いようです。 夫原因のセックスレスで離婚に踏み切る場合、慰謝料をもらうことももちろん可能。 以下で細かく見て行きましょう。

セックスレスで夫が浮気…離婚したいけど慰謝料請求できる?

セックスレス 慰謝料

誘っても断られるセックスレス状態が続いているのに、夫は性欲がない訳ではなく、外で解消していた…。 そんな事実が分かったらはらわたが煮えくり返ってしまいますよね。 この場合、離婚したい時の慰謝料請求はどうなるのでしょうか。 セックスレスと浮気が絡んだ離婚について、まとめてみました。

モラハラ夫と離婚…慰謝料の相場や請求に必要な証拠とは?

モラハラ 慰謝料

モラハラ夫と決別を決めたあなた。 こっちは理不尽な被害を受けたんですから、ちゃんと慰謝料を貰って離婚したいですよね。 もちろんモラハラによる離婚には慰謝料が認められますから、しっかり準備していきましょう。 この記事では慰謝料の相場や、金額が左右される評価の項目、そしてきちんと慰謝料をもらうために使える証拠はどんなものなのかを見ていきます。

協議離婚 慰謝料の相場。性格の不一致でも請求できるのか?

協議離婚 慰謝料

現在、日本では2~3分に1組のスピードで離婚が成立していると言われています。 多くの夫婦が離婚を選択しているわけですが、その原因は多種多様です。 DVや酒癖の悪さが原因の離婚もあれば、モラハラや価値観の違い等が原因で離婚する夫婦もたくさんいます。 決定的な落ち度がなくても、離婚を選択する夫婦は少なからずいますが、その場合はどんな離婚準備が必要なのでしょうか。 今回は、「性格の不一致」が引き金となる離婚について考えます。

夫の浮気で協議離婚…慰謝料の相場は?相手にも請求できる?

協議離婚 慰謝料

何年もかけて守ってきた温かい家庭の雰囲気が、一気に崩れ去ることがあります。 借金やお酒の影響、浮気や暴力問題等、その原因は様々です。 中でも、「浮気の発覚」 ほど家族を失望させる行為はないかも知れませんね。 夫婦関係が「信頼」で成り立つことは周知の通りです。 一般的な感覚としても、そして法的にも、浮気という不貞行為は許されないものとされています。 もしも夫が浮気をした場合、離婚するにはどんなことを考える必要があるのでしょうか。 今回は、夫の浮気で協議離婚をするケースを取り上げ、慰謝料の請求や金額について解説していきます。

旦那の浮気が許せない!慰謝料を勝ち取るための離婚準備とは

慰謝料 浮気

近年、子供がいても離婚を選択する夫婦は増加傾向にあります。 離婚の原因は様々ですが、特に旦那の裏切り行為が許せないという理由により、離婚を切り出すケースは少なくありません。 数ある裏切りの中でも、取り分け浮気が原因の場合は、夫婦の関係がこじれて話し合いが泥沼化することもあります。 なお、相手にはっきりと問題があって離婚する際は、慰謝料が請求できるケースもあります。 一人で子供を育てながら生活するためには、できるだけお金を集める必要があります。 妥当な慰謝料を旦那に支払わせるためにも、計画的に準備を進めていきましょう。

ページの先頭へ