「裁判離婚」の記事一覧

離婚裁判を起こされた!欠席したらどうなる?遠方の時は?

裁判離婚

離婚裁判に臨む場合は、夫と妻の「今の立場」をよく見極めて対策を練ることが必要です。 夫が訴訟を起こしたのであれば、裁判において夫は「原告」ということになります。 そして訴えられた側である妻は、「被告」という立場になったということです。 この時点で考えられることは、「原告」はすでに裁判で訴えるべき材料を整えているだろうということです。 裁判とは勝敗をつける場ですので、訴えようと考えた側はでき得る限りの準備をしているはずです。 今回は、夫から離婚裁判を起こされてしまったケースを取り上げます。 訴えられた側として裁判に臨む場合の留意点を考えていきます。

【女性】離婚裁判の服装や身だしなみ。話し方の注意点とは?

裁判離婚

離婚裁判の第1回目の期日が近づいてくると、様々なことが気になってくるものです。 電車やバスの時刻、当日の子供の預け先、持ち物等、準備に追われます。 また、家庭裁判所への出廷となると、どんな服装で行くのが相応しいのかという迷いが生じるものです。 誰かに相談したくとも、まわりに裁判所に入ったことのある人はそんなにはいませんね。 今回は、離婚裁判における服装や身だしなみを取り上げます。 どんな格好で裁判に臨めば良いかという不安を取り除き、少しでも緊張を和らげていきましょう。

離婚裁判の平均期間。出廷の回数や1回の時間はどれくらい?

裁判離婚

多くの夫婦は、2人の話し合いで合意を取って離婚するという「協議離婚」を選択しています。 しかし、何度話し合っても折り合いがつかない場合は、「調停離婚」に踏み切ることがあります。 さらに調停でも決着がつかなかった場合には、「離婚裁判を起こす」という方法へと進むケースも存在します。 暴力問題や不倫問題、または生活費を妻に渡さない等の問題は、法律が定める離婚原因として認められています。 離婚を決意したら、「協議」「調停」「裁判」という3つの離婚方法のうち、どれが最適かを見極めることが必要です。 ここでは、「離婚裁判」にかかる期間や回数について解説していきます。

離婚裁判と弁護士費用の相場。夫と妻どちらが払うの?

弁護士 裁判離婚

日本では、離婚を選んだ夫婦のうち9割が「協議離婚」の道を選択します。 協議離婚とは、すなわち「協議」によるものですので、夫婦の話し合いで離婚することになります。 他の離婚方法としては、「調停」という方法と「裁判」という方法があります。 どちらも家庭裁判所で行われますので、何度も通う手間や費用がかかることになります。 しかしながら、夫婦だけの協議で進める離婚とは違ったメリットもあります。 今回は、気になる離婚裁判の「費用面」について解説します。

離婚裁判のメリット、デメリット。離婚調停との違いは?

裁判離婚

妻が子供を抱えて離婚することを決意しても、夫が応じてくれるとは限りません。 相手が離婚を断固拒否し、話し合いすら始められないという夫婦も少なからずいます。 仮に「離婚すること」自体には賛同を得ることができても、親権や財産分与で意見が折り合わず、時間だけが過ぎていくことがあります。 何らかの理由で離婚協議が暗礁に乗り上げてしまったら、多くの場合は「調停」や「裁判」申し立てへと進めていきます。 今回は主に、裁判離婚(離婚裁判、審判離婚)について解説していきます。 まず最初の項目では、「調停」による離婚と「裁判」による離婚の違い について見てみましょう。

離婚裁判とは?手続きの流れや必要なもの

裁判離婚

今や日本における離婚のスピードは、3分に1回とも、2分に1回ともいわれています。 それほど多数の離婚が成立しているということになりますが、その内容は千差万別です。 財産分与で揉める夫婦もいれば、親権の取り合いで揉める夫婦もいます。 また、離婚すること自体をどちらかが拒否していて、決着がつかないというケースも少なくありません。 離婚裁判は、協議(話し合い)がまとまらない夫婦が決着をつけるための一つの方法です。 具体的に、離婚裁判とはどのように準備し、進めていけば良いかをご説明します。

ページの先頭へ